PPTP (リモートアクセス)

PPTP (Point-to-Point Tunnelling Protocol) では、インターネット上のプライベートトンネル経由で社内ネットワークに接続することができます。プロトコル自体には暗号化機能や認証機能は含まれませんが、XG Firewall では、パスワード認証プロトコル (PAP)、チャレンジハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)、Microsoft チャレンジハンドシェイク認証プロトコル (MS-CHAPv2) などの認証オプションをサポートしています。XG Firewall では、RFC 2637 の定義に基づき PPTP をサポートしています。

  • ユーザーが PPTP によりネットワークにアクセスすることを許可するには、設定を指定し、「適用」をクリックします。続けて「メンバーの追加」をクリックして、ユーザーを選択します。
  • PPTP によるアクセスを許可されているユーザーを表示するには、「メンバーの表示」をクリックします。

PPTP の有効化

PPTP の有効化
特定のユーザーが PPTP によりネットワークにアクセスすることを許可します。

全般設定

IP の割り当て先
クライアントにリースするアドレス範囲。クライアントは接続中、この範囲から割り当てられたアドレスを使用します。プライベートな IP アドレスの範囲にしてください。
注: L2TP と PPTP の範囲は重ならないようにしてください。
RADIUS サーバーから L2TP、PPTP、Sophos Connect クライアントに IP アドレスをリースすることを許可する
RADIUS サーバーで認証されたユーザーは、RADIUS サーバーから提供された IP アドレスを使用します。RADIUS サーバーからアドレスが提供されない場合は、そのユーザー向けに構成されたスタティックアドレスが割り当てられるか、または指定範囲から IP アドレスがリースされます。
クライアント情報
接続用のプライマリ DNS サーバー。セカンダリ DNS サーバーと WINS サーバーも指定できます。