トラフィックシェーピングの設定

ここでは、インターネットトラフィックに関して、最大帯域幅、トラフィックの最適化、帯域幅の割り当てなどを設定する方法を説明します。

  • 帯域幅の使用状況を表示するには、「帯域幅使用量の表示」をクリックします。

全般設定

利用可能な WAN 帯域幅の合計
すべての WAN リンクの上限の合計 (KBps)。
リアルタイムの最適化 (VoIP)
VoIP などのリアルタイムトラフィックを優先します。無効にすると、余った帯域幅 (保証帯域幅の割り当て後に残った帯域幅) のみ、優先的に割り当てられます。
保証帯域を強制適用
すべてのインターネットトラフィックを、適用されているトラフィックシェーピングポリシーに基づいて処理します。トラフィックにポリシーが適用されていない場合は、デフォルトポリシーに従って処理されます。

トラフィックシェーピングポリシーが適用されていないトラフィックに対して帯域幅の制限を適用する場合は、有効にします。

トラフィックシェーピングポリシーが適用されていないトラフィックに対して帯域幅の制限を適用しない場合は、この設定を無効にします。(トラフィックシェーピングポリシーが適用されているトラフィックのみが処理されます。)

デフォルトのポリシー
トラフィックシェーピングポリシーが適用されていないトラフィックに使用するデフォルトのポリシー。
  • 保証帯域 ユーザーに保証する最小帯域幅。
  • 制限帯域 ユーザーが利用可能な最大帯域幅。
  • 優先度 トラフィックの優先度を、1 (最高) から 7 (最低) の間で設定します。