SMTP 隔離

SMTP 隔離は Sophos Firewall XG105、Cyberoam CR25iNG、Sophos UTM SG105 以降のモデルでのみ利用可能です。

この機能を使用するにはサブスクリプションが必要です。設定はできますが、有効なメールプロテクションサブスクリプションなしでは施行できません。

SMTP 隔離 では、隔離メールをフィルタすることができます。このページには、デバイスが隔離したすべてのメールが表示されます。次のことが該当すると、メールが隔離されます。

  • ブロックされた送信元 IP アドレスからのメール
  • ブロックされた宛先 IP アドレスへのメール
  • ウイルス感染したメール
  • サイズ制限を超えたメール
  • ブロックされたヘッダーを含むメール
  • スキャンできないコンテンツまたは保護されている添付ファイルが含まれているメール
  • RBL によりブロックされたメール
  • データ保護 (DP) によりブロックされたメール
  • スパム
  • Sandstorm によって悪質とみなされたメール
  • 他の理由により隔離されたメール

フィルタを使用して、隔離されたメールのリストからメールを検索します。

フィルタの検索結果は、フィルタ条件に基づいて隔離されたすべてのメールのリストを表示します。

合計使用率は、隔離メールが使用している隔離エリアの割合を示します。隔離レポジトリがいっぱいになると、古いメールから消去されます。

隔離ダイジェストメール

隔離ダイジェストとは、デバイスによりフィルタされ、ユーザーの隔離エリアに格納されている隔離済みメールのリストが含まれているメールです。設定されている場合、ユーザーは メール > 隔離ダイジェストメール で設定した配信頻度で隔離ダイジェストを受け取ります。また、隔離ダイジェストにはユーザーポータルへのリンクが含まれています。ユーザーはこのリンクから隔離メールにアクセスして、必要な操作を実行できます。

隔離メールのリリース

管理者またはユーザーが、隔離メールをリリースすることができます。管理者は「隔離」エリアで、ユーザーはユーザーポータルで隔離メールをリリースすることができます。リリースされた隔離メールは、宛先の受信箱へ配信されます。管理者は メール > SMTP 隔離 から「隔離エリア」にアクセスできます。また、ユーザーはユーザーポータルにログオンして、SMTP 隔離 から「隔離エリア」にアクセスできます。隔離ダイジェストが構成されると、ユーザーは隔離メールのダイジェストを構成した配信頻度で受け取ります。

注:
  • ウイルスに感染したメールと Sandstorm によって悪質とみなされたメールは、リリースできません。
  • Sandstorm 関連のメールを削除するには、Sandstorm アクティビティの読み取り/書き込み権限が必要です。