STAS

Sophos Transparent Authentication Suite (STAS) では、Windows ドメインのユーザーが Windows にログインすると、自動的にファイアウォールにもログオンします。これにより、ログオンを何回も行ったり、各ワークステーションに SSO クライアントをインストールする必要がなくなります。

STAS はエージェントコレクターで構成されます。エージェントはユーザー認証リクエストを監視し、コレクターに認証用の情報を送信します。コレクターはエージェントからユーザー認証リクエストを収集・処理し、ファイアウォールにその認証情報を転送します。

注: ドメインコントローラで実行する必要があるのはエージェントだけです。コレクターは他のマシンにインストールしても構いません。生成されるトラフィック量によっては、コレクターをドメインコントローラにインストールしないほうがよい場合もあります。
  • STAS をダウンロードするには、「認証」 > 「クライアントダウンロード」に移動します。
  • STAS の導入に使用するファイアウォールを設定するには、「Sophos Transparent Authentication Suite (STAS) を有効にする」オン/オフスイッチをクリックして、「STAS をアクティベートする」をクリックします。
  • ユーザーがしばらく操作しないときの設定を指定するには、「ユーザーの操作なしを有効にする」オン/オフスイッチをクリックします。
  • コレクターを追加するには、「新しいコレクターの追加」をクリックします。

全般設定

操作なしタイマー
ユーザーが操作しなかったときにログアウトされるまでの時間 (分)。この時間内に指定されたデータ量を転送しなかったユーザーは自動的にログアウトされます。
データ転送しきい値
操作したとみなされる最小のデータ転送量 (バイト)。