インターフェースの更新および削除

インターフェースを更新すると、それに依存する構成が影響を受ける可能性があります。たとえば、インターフェースのゾーンバインド、DNS、ゲートウェイ、インターフェースベースのホスト、VLAN インターフェース、ダイナミック DNS などが影響を受けます。

インターフェースを削除すると、それに依存する構成もすべて削除されます。たとえば、インターフェースのゾーンバインド、DHCP サーバーまたはリレー、インターフェースベースのファイアウォールルール、ARP (スタティックおよびプロキシ)、保護されたサーバー、保護されたサーバーベースのファイアウォールルール、インターフェースベースのホスト、ホストグループからの参照、ユニキャストルート、マルチキャストルートなどが削除されます。

仮想インターフェースを削除すると、そのインターフェース用に定義したファイアウォールルールが削除されます。

インターフェースの更新後または削除後は、ネットワーク接続が一時的に反応しなくなったり、利用できなくなる可能性があります。