RADIUS 認証の設定

既存の RADIUS ユーザーをファイアウォールに追加することができます。そうするには、RADIUS サーバーを追加し、プライマリ認証方法を設定します。

目的

このセクションでは、以下について学びます。
  • RADIUS サーバーをファイアウォールに追加し、設定する。
  • プライマリ認証方法を設定し、最初に RADIUS サーバーに対してクエリが実行されるようにする。

RADIUS サーバーの追加

RADIUS サーバーを追加して、共有シークレットとグループ名の属性を指定します。

このタスクを完了するためには、以下の情報が必要です。
  • RADIUS サーバーの共有シークレット
  • RADIUS サーバーのグループ名の属性
  1. 「認証」 > 「サーバー」に移動して、「追加」をクリックします。
  2. 設定を指定します。
    注: ここに記載されていない設定項目は、デフォルトの値を使用してください。
    RADIUS サーバーに設定されている共有シークレットと、グループ名の属性を使用します。
    オプション説明
    サーバーの種類 RADIUS サーバー
    サーバー名 SF_RADIUS
    サーバー IP 192.168.1.102
    利用通信量の計算を有効にする はい
    利用通信量ポート 1813
    共有シークレット <RADIUS サーバーの共有シークレット>
    グループ名の属性 <RADIUS サーバーのグループ名の属性>
  3. 「接続のテスト」をクリックし、ユーザー認証情報を検証し、サーバーへの接続を確認します。
  4. 保存」をクリックします。

プライマリ認証方法の設定

RADIUS サーバーに対して最初にクエリするには、プライマリ認証方法として設定します。 ユーザーが最初にファイアウォールにログオンしたときに、指定されたデフォルトグループのメンバーとして自動的に追加されます。

  1. 「認証」 > 「サービス」に進んでください。
  2. 認証サーバーの一覧で、「SF_RADIUS」を選択します。
  3. サーバーを、選択されたサーバーリストの一番上に移動します。
  4. 適用」をクリックします。

構成をテストするには、RADIUS サーバーのユーザー認証情報を使ってキャプティブポータルにログインします。キャプティブポータルにアクセスするには、「https://<SFOS_IP_address>:8090」と指定します。