RED の手動導入

RED デバイスを手動で導入するには、RED インターフェース用のプロビジョニングファイルをダウンロードして USB メモリに保存する必要があります。

目的

このセクションでは、以下について学びます。
  • ファイアウォールで NTP サーバーを設定する。
  • RED インターフェースを追加し、プロビジョニングファイルをダウンロードする。

NTP サーバーの設定

RED デバイスを手動導入するときは、ファイアウォールを NTP サーバーとして動作させる必要があります。

  1. 「管理」 > 「時間」に移動して、「カスタム NTP サーバーを使用」をクリックします。
  2. 「検索/追加」フィールドにファイアウォールの IP アドレスを入力し、 をクリックします。
  3. 適用」をクリックします。

RED インターフェースの追加

USB スティックを使って手動導入する RED 用のインターフェースを作成します。

  1. 「システムサービス」 > 「RED」に移動し、RED プロビジョニングサービスをオンにします。
  2. 「ネットワーク」 > 「インターフェース」に移動して、「インターフェースの追加」をクリックして、「追加 RED」を選択します。
  3. 支社名を入力し、RED デバイスの種類を選択します。
  4. 「デバイスの導入」「手動 (USB メモリの使用)」を選択します。
  5. 必要に応じて、他の RED モデルの設定を指定します。
  6. 保存」をクリックします。

    このインターフェース用のプロビジョニングファイルが生成されます。

プロビジョニングファイルのインストール

RED インターフェースに関連付けられたプロビジョニングファイルをダウンロードし、USB スティックを使ってファイルをデバイスに保存します。

  1. RED をオフにします。
  2. 「ネットワーク」 > 「インターフェース」に進んでください。
  3. インターフェースリストから RED インターフェースを見つけ、 をクリックし、プロビジョニングファイルをダウンロードします。
  4. USB スティックのルートディレクトリに、ファイルを移動します。
  5. USB スティックを RED に接続します。
  6. RED をオンにします。

    RED は USB スティックから構成を取得します。RED プロビジョニングサービスをオンにすると、指定メールアドレスにロック解除コードが送信されます。

    重要: ロック解除コードをなくさないでください。RED を他のファイアウォールに導入する場合、このコードが必要となります。