ポリシーへのルールの追加

  1. 「ルールの追加」をクリックします。
    全ユーザーに対して、すべての HTTP トラフィックをブロックするデフォルトルールが作成され、ルール階層の最上位に配置されます。このルールはオフになっています。
  2. ユーザーを指定します。
    1. 新しいルールの「ユーザー」フィールドにポインターを合わせ、ユーザー (「「任意のユーザー」」) をクリックして、「新規項目の追加」をクリックします。
    2. 「任意のユーザー」チェックボックスの選択を解除します。
    3. ユーザーを選択します。
    4. 「選択した項目を適用」をクリックします。
  3. アクティビティとコンテンツフィルタを指定します。
    1. ポインタを「アクティビティ」フィールドに合わせ、アクティビティ (「すべての Web トラフィック」) をクリックして、「新規項目の追加」をクリックします。
    2. 「アクティビティ」タブで、「すべての Web トラフィック」チェックボックスをクリアします。
    3. アクティビティを選択します。
    4. 「選択した項目を適用」をクリックします。
    5. 「コンテンツフィルタ」タブをクリックして、「次を含むコンテンツ」チェックボックスを有効にします。
    6. 「新規項目の追加」をクリックして、フィルタを選択します。
    7. 「選択した項目を適用」をクリックします。
  4. 選択した条件に一致する HTTP トラフィックが検出されたときの処理を指定します。
    1. ポインタを「処理」フィールドに合わせ、インジケータをクリックします。
    2. オプションを選択します。
    オプション説明
    HTTP を使用する 選択した条件に一致する HTTP トラフィックを許可します。
    HTTP を警告する 選択した条件に一致する HTTP トラフィックを検出した場合に警告メッセージを表示します。
    HTTP をブロックする 選択した条件に一致する HTTP トラフィックをブロックします。
  5. オプション: 選択した条件に一致する HTTPS トラフィックが検出されたときの処理を指定します。
    注: HTTPS トラフィックの処理を指定する場合にのみこれらのステップを実行してください。HTTP で指定した処理とは異なります。
    1. 「処理」フィールドの右側にポインタを合わせます。
      「HTTPS で使用する処理」リストが表示されます。
    2. オプションを選択します。
    オプション説明
    アクションを使用する HTTP トラフィック用に選択したのと同じ処理を適用します。後で別の処理を HTTP に適用した場合、HTTPS でもその処理が適用されます。
    HTTPS を使用する 選択した条件に一致する HTTPS トラフィックを許可します。
    HTTPS を警告する 選択した条件に一致する HTTPS トラフィックを検出した場合に警告メッセージを表示します。
    HTTPS をブロックする 選択した条件に一致する HTTPS トラフィックをブロックします。
  6. オプション: ポインタを「制約」フィールドに合わせて、スケジュールを選択するか、新しいスケジュールを作成します。
  7. オプション: ルールをクリックしたままドラッグして階層内で配置します。

    ルールは上から下の順序で評価されます。 たとえば、すべてのトラフィックを許可するルールが特定の種類のトラフィックをブロックするルールよりも上に配置されている場合、すべてのトラフィックを許可するルールが有効なルールとなります。

  8. 「状態」スイッチをクリックして、ルールをオンにします。
  9. 保存」をクリックします。