ブックマークの追加

  1. 「VPN」 > 「ブックマーク」に移動して、「追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 種類 (プロトコル) を選択します。
    注: セキュリティ対応のプロトコルを選択した場合は、セキュリティ設定も指定してください。
    オプション説明
    HTTPS Hypertext Transfer Protocol を使って、ブラウザから Web アプリケーションにセキュアなアクセスを行います。
    HTTP Hypertext Transfer Protocol を使って、ブラウザから Web アプリケーションに非セキュアなアクセスを行います。
    RDP Remote Desktop Protocol を使って、リモートデスクトップへのアクセスを行います。

    TLS、NLA、RDP の各セキュリティプロトコルがサポートされています。これらのセキュリティ設定は、サーバーの設定に従う必要があります。

    TELNET Telnet プロトコルを使って、ターミナルアクセスを行います。
    SSH Secure Socket Shell を使って、セキュアなターミナルアクセスを行います。
    FTP File Transfer Protocol を使って、サーバーに非セキュアなアクセスを行います。
    FTPS File Transfer Protocol を使って、サーバーにセキュアなアクセスを行います。セキュリティの実装には、TLS と SSL が使用されています。
    SFTP File Transfer Protocol を使って、サーバーにセキュアなアクセスを行います。セキュリティの実装には、SSH が使用されています。
    SMB Server Message Block というファイル共有プロトコルを使って、サーバーへのアクセスを行います。
    VNC Virtual Network Computing を使って、Linux/UNIX ホストにリモートアクセスを行います。

    クラシック VNC の認証 (パスワードのみ) がサポートされています。

  4. アクセスを許可する Web サイトの URL またはサーバーの IP アドレスを入力します。
    注: 上級ユーザーでない限り、デフォルトのポート番号は変更しないようにしてください。
  5. セキュリティ設定を適宜指定します。
    • SSH の場合: ユーザー名を指定し、公開ホスト鍵を貼り付けます。
    • FTPS の場合: 公開ホスト鍵を貼り付けます。
    • SFTP の場合: ユーザー名を入力し、認証方式を選択します。パスワードを指定し、指示に従って鍵を貼り付けます。
  6. 設定を指定します。
    オプション説明
    自動ログイン このオプションを有効にすると、ユーザーはログイン情報を入力する必要がなくなります。指定したユーザー名とパスワードを使ってセッションが確立されます。
    セッションの共有 このオプションを有効にすると、複数のユーザーが同じ接続を同時に使用して、同じ画面を参照できるようになります。
    ドメイン ユーザーがアクセス可能なドメインです。
    参照ドメイン ブックマークした URL を正しく表示するために必要なフォーマットまたはスクリプト (CCS や JavaScript など) を含むドメインまたは URL。
    リモートフォルダの初期化 リモートディレクトリ。正常に認証されると、ユーザーはリモートサーバー上の特定のフォルダにリダイレクトされます。
  7. 保存」をクリックします。