Sophos Firewall Manager

SFOS V16 デバイスを SFM V15 から管理する場合は、制限が適用されます。詳しくは、付録 E - SFMOS 15.01.0 との互換性を参照してください。
  1. 「デバイス管理」を選択し、キープアライブ要求を有効にし、構成のアップデートを確認します。
  2. 「詳細設定」をクリックし、通信設定を選択します。
    • Firewall Manager の設定の変更内容を、ファイアウォールにプッシュする
    • Firewall Manager の設定の変更内容を、デバイスが取り込む
  3. 構成のアップデートが送信されるFirewall Manager の HTTPS ポートを入力します。
  4. 「通信ハートビートのプロトコル」で、どのようにキープアライブ情報を Firewall Manager に送信するかを指定します。
    注: ハートビートのプロトコルを Syslog に設定することが推奨されます。
  5. 「アップデートの管理」を選択し、Firewall Manager からシグネチャアップデートを受信するように設定します。
  6. 「詳細設定」をクリックします。「Firewall Manager のポート」に、Firewall Manager の「管理設定」で指定したポート番号を入力してください。
    Firewall Manager が、このポートにシグネチャアップデートをプッシュするようになります。