補助 XG Firewall の構成

  1. 「システムサービス」 > 「冗長化 (HA)」に進んでください。
  2. HA デバイスの初期状態を指定します。
    オプション説明
    初期の HA デバイスの状態 補助
  3. パスフレーズを入力して確認します。
    注: クラスタ内の両方のデバイスが、同じパスフレーズを使用するようにしてください。
  4. 専用 HA リンクを選択します。
    オプション説明
    専用 HA リンク 監視されるリンク。HA クラスタ内のピアは、専用 HA リンクおよび、監視対象として構成されたインターフェースを常に監視しています。
    注: ピアデバイスが、同じ HA リンクを使用する必要があります。このポートを、ピアの HA リンクポートとして指定してください。たとえば、プライマリデバイスでポート E を選択した場合は、補助デバイスでもポート E を選択します。
    注: ピアデバイスの HA リンクの IP アドレスが、同じサブネット上にあることが前提となります。
  5. 保存」をクリックします。

プライマリデバイスを構成してください。プライマリデバイスを構成し、HA を有効にすると、プライマリデバイスと補助デバイスが自動的に同期します。補助デバイスがプライマリデバイスから構成アップデートを取り込むようにするには、「プライマリとの同期」をクリックしてください。