フィルタの表示

このページでは、特定のパケット種類へのパケット取得を制限できます。インターフェースの種類、イーサネットの種類、送信元 IP アドレス、宛先 IP アドレスのような詳細なフィルタ条件があります。

  1. 「診断」 > 「パケットキャプチャ」に移動して、「フィルタの表示」をクリックします。
  2. 表示フィルタの構成詳細を入力します。
    インターフェース名
    リストから、パケットログのフィルタに使用する物理インターフェースを選択します。
    イーサネットの種類
    イーサネットの種類を選択します: IPv4、IPv6 または ARP
    「イーサネットの種類」はイーサネットフレーム内のフィールドです。イーサネットフレーム内でカプセル化されたプロトコルを表示するために使用します。
    パケットの種類
    リストから、パケットのフィルタに使用するパケットの種類を選択します。
    送信元 IP
    送信元 IP アドレス (IPv4/IPv6) を指定します。
    送信元ポート
    送信元ポート番号を指定します。
    宛先 IP
    宛先 IP アドレス (IPv4/IPv6) を指定します。
    宛先ポート
    宛先ポート番号を指定します。
    理由
    利用可能なオプションからフィルタを表示する理由を選択します。
    • Firewall
    • LOCAL_ACL
    • DOS_ATTACK
    • INVALID_TRAFFIC
    • INVALID_FRAGMENTED_TRAFFIC
    • ICMP_REDIRECT
    • SOURCE_ROUTED_PACKET
    • FRAGMENTED_TRAFFIC
    • APPLICATION_FILTER
    • USER_IDENTITY
    • IPS
    • MAC_FILTER
    • IPMAC_FILTER
    • IP_SPOOF
    • NEIGHBOR_POISONING
    • SSL_VPN_ACL_VIOLATION
    • VIRTUAL_HOST
    • ICMP ERROR MESSAGE
    ステータス
    利用可能なオプションからフィルタの状態を選択します。
    • Allowed
    • Violation
    • Consumed
    • Generated
    • Incoming
    • Forwarded
    ルール ID
    ルールの ID を指定します。
    ユーザー
    既存ユーザーのリストからユーザーを選択します。
    接続 ID
    接続 ID を指定します。
    クリア
    クリックして、フィルタの設定を削除します。
  3. 「保存」をクリックします。