例外の追加

例外を追加して、特定のホストや、ネットワーク、送信者アドレス、受信者アドレスを、スパムスキャンやマルウェアスキャンなどのセキュリティチェックの対象外とすることができます。

  1. 「メール」 > 「ポリシーと例外」の順にアクセスして、「例外リストの追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. スキップするセキュリティチェックを選択します。
    オプション説明
    チェックをスキップする 1 つまたは複数のセキュリティチェックを選択します。

    「スパム対策」では、RBL、スパム対策、グレーリスト、受信者検証、IP レピュテーション、RDNS/Helo、SPF のチェックをスキップすることができます。「マルウェア対策」では、「マルウェア」または「Sandstorm」を選択することができます。「その他」では、データ保護、ファイル保護、暗号化、バナー追加をスキップすることができます。

  4. 以下の中からいずれかを選択して例外を適用します:
    オプション説明
    次の送信元/ホスト: セキュリティチェックをスキップする送信元またはホストを追加します。
    注: ローカルホストに対して例外を作成する必要はありません。デフォルトでは、ローカルホストのメッセージはスキャンされません。
    または次の送信者アドレス セキュリティチェックをスキップする送信者のメールアドレスを追加します。有効なメールアドレス (abc@example.com) またはワイルドカード (*@example.com) を入力してください。
    または次の受信者アドレス セキュリティチェックをスキップする受信者のメールアドレスを追加します。有効なメールアドレス (abc@example.com) またはワイルドカード (*@example.com) を入力します。
  5. 保存」をクリックします。