リンクアグリゲーショングループの追加

  1. 「ネットワーク」 > 「インターフェース」に移動して、「インターフェースの追加」をクリックして、「追加LAG」を選択します。
  2. 名前を入力します。
  3. 「新規項目の追加」をクリックして、インターフェースを選択します。
    注: バインドを解除されたスタティック物理インターフェースが LAG のメンバーになれます。PPPoE、携帯 WAN、WLAN 用に構成されたインターフェースは、LAG に含めることはできません。
  4. モードを選択します。
    オプション説明
    アクティブ - バックアップ リンクフェールオーバー用のモードです。1つのアクティブなリンクを除いて、他のリンクはスタンバイモードになります。アクティブリンクにエラーが生じると、スタンバイリンクがアクティブになります。
    802.3ad (LACP) フェールオーバーと負荷分散用のモードです。このモードでは、トラフィックをすべてのリンク間で分散します。以下の要件を満たすようにしてください。
    • LACP をリンクの両端で有効にします。
    • メンバーインターフェースの種類、速度がすべて同じである必要があります。
    • すべてのリンクが全二重であるものとします。
  5. ネットワークゾーンを選択します。
  6. IP の割り当ての詳細を指定します。
  7. オプション: 詳細設定を指定します。
    オプション説明
    インターフェース速度 同期するためのインターフェース速度。
    注: サードパーティのルーターおよびスイッチとデバイスの速度が一致しない場合、エラー、競合、切断、遅延、パフォーマンス低下などが発生する可能性があります。
    MTU MTU (最大転送ユニット) の値 (バイト)。MTU とは、ネットワークが転送可能なパケットの最大サイズです。指定された値よりも大きなパケットは、送信前に小さなパケットに分割されます。
    注: MTU サイズの異なるネットワークが相互接続されている場合、指定した MTU 値より大きなパケットは送信前に分割されます。
    MSS を上書きする MSS (最大セグメントサイズ) は、デバイスが単一の TCP セグメントで受信できる最大データ量 (バイト) です。
    分散ポリシー (Xmit Hash) 802.3ad (LACP) モードを使用する LAG の場合、分散ポリシー (Xmit Hash) で適用したアルゴルリズムに基づいて、リンク全体に負荷を分散します。
    • Layer2 MAC アドレスを使用し、ハッシュ値を生成します。
    • Layer2+3 Layer 2 (MAC アドレス) および Layer 3 (IP アドレス) のプロトコル情報の組み合わせを使用し、ハッシュ値を生成します。
    • Layer3+4 転送レイヤのプロトコル情報を使用し、ハッシュ値を生成します。
    プライマリインターフェース アクティブ - バックアップ モードを使用する LAG の場合、プライマリインターフェースとして動作するインターフェースとなります。このインターフェースは、利用可能な限り有効なままになります。「自動」を選択すると、この値が自動的に割り当てられます。
    デフォルトの MAC アドレスを使用する インターフェースのデフォルトの MAC アドレスを使用します。メンバーポートとして追加された最初のポートが、デフォルトの MAC アドレスになります。
    デフォルトの MAC アドレスをオーバーライドする インターフェースのデフォルトの MAC アドレスを無効にし、新しいアドレスを入力します。出荷時の状態にリセットすると、デフォルトの MAC アドレスにリセットされます。
  8. 保存」をクリックします。