ローカルサービス ACL の例外ルールを追加する

ローカルサービス ACL の例外ルールを使用して、指定されたネットワーク / ホストからデバイスの管理サービスへのアクセスを許可することができます。

  1. 「管理」 > 「デバイスのアクセス」の順にアクセスして、ローカルサービス ACL の例外ルール「追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 「ルールの位置」を選択します。
  4. 説明を入力します。
  5. 「IP バージョン」を次のオプションから選択します。
    利用可能なオプション:
    • IPv4
    • IPv6
  6. ルールを適用する送信元ゾーンを選択します。
  7. 「新規項目の追加」をクリックして、ルールを適用する送信元ホスト (ネットワーク、IP アドレス、範囲、リスト) を選択します。送信元ネットワーク / ホストを新しく作成するには、「新規作成」をクリックします。
  8. 新規項目の追加をクリックして、ルールを適用する IP アドレスまたはインターフェースベースの宛先ホスト (ユーザーポータルなど) を選択します。宛先ネットワーク / ホストを新しく作成するには、「新規作成」をクリックします。
    注: 宛先ホストを指定することで、特定の宛先 IP アドレスのサービス (ユーザーポータルなど) へのアクセスを制御することができます。
  9. 「新規項目の追加」をクリックして、ルールを適用する管理サービスを選択します。
    利用可能なオプション:
    • HTTPS
    • Telnet
    • SSH
    • Web プロキシ
    • DNS
    • Ping/Ping6
    • SSL VPN
    • ユーザーポータル
    • ダイナミックルーティング
  10. 「処理」を選択します。
    利用可能なオプション:
    • 許可する
    • 破棄する
  11. 「保存」をクリックします。