ポリシールートの追加

  1. 「ルーティング」 > 「ポリシールーティング」の順にアクセスして、「IPv4/IPv6 ポリシールート」セクションで「追加」をクリックします。
  2. 「ポリシールート」の詳細を指定します。
    名前
    ポリシールートの名前を指定します。
    説明
    ポリシールートの説明を指定します。
  3. 「トラフィックセレクタ」の詳細を指定します。
    受信インタ-フェース
    パケットを受け取る受信インターフェースを選択します。
    注: 受信インターフェースを削除すると、そのインターフェース用に定義したポリシールートも削除されます。
    送信元ネットワーク
    ルートするパケットの送信元ネットワークを選択します。新しいネットワークホストはこのページから直接作成できます。または、「ホストとサービス」からも作成できます。
    宛先ネットワーク
    ルートするパケットの宛先ネットワークを選択します。新しいネットワークホストはこのページから直接作成できます。または、「ホストとサービス」からも作成できます。
    サービス

    ルートするパケットのサービスを選択します。これらのサービスでは、処理するトラフィックを明確に指定できます。新しいサービス / サービスグループはこのページから直接作成できます。または、「ホストとサービス」からも作成できます。

    DSCP マーキング

    指定された DSCP 値 でマークされたパケットと一致させるために、DSCP マーキングの種類を選択します。

  4. 「ルーティング」の詳細を指定します。
    ゲートウェイ
    構成された一致条件を満たすパケットを転送するゲートウェイを選択します。
    注:
    • ゲートウェイを削除すると、そのゲートウェイ用に定義したポリシールートも削除されます。
    • ゲートウェイが停止すると、ポリシールートは適用されなくなります。ゲートウェイが再び起動すると、そのゲートウェイを経由してトラフィックが自動的にルートされるようになります。

  5. 「保存」をクリックします。