インターフェース設定の上書き

  1. 「ルーティング」 > 「RIP」に移動して、「インターフェース設定の上書き」セクションで「インターフェースの選択」をクリックします。
  2. インターフェース構成の詳細を入力します。
    インターフェース
    デフォルトの構成をオーバーライドするインターフェースを選択します。

    RIP バージョン

    送信
    ルーティングアップデートの送信に使用する RIP バージョンを選択します。
    V1、V2 または V1 および V2 の両方を選択できます。この選択は、「グローバルの構成」設定で選択したバージョンをオーバーライドします。
    デフォルトでは「V2」に設定されています。
    受信
    ルーティングアップデートの受信に使用する RIP バージョンを選択します。
    V1、V2 または V1 および V2 の両方を選択できます。この選択は、「グローバルの構成」設定で選択したバージョンをオーバーライドします。
    デフォルトでは「V2」および「V2」に設定されています。
    スプリットホライズン
    有効にして、ルーティングループを防止します。
    デフォルトでは「無効」に設定されています。
    ポイズンリバース (「水平分割」が有効にされている場合にのみ適用可能)
    有効にして、デバイスが無効になったルートからパケットを送信することを防止します。
    デフォルトでは「無効」に設定されています。
    認証
    クリックして、RIP パケットの認証を有効にします。
    有効にした場合、RIP パケットを認証するためのパスワードを提供してください。
    パッシブモード
    有効にして、インターフェースが RIP アドバタイズを送信することを防止します。
    デフォルトでは「無効」に設定されています。
  3. 「保存」をクリックします。