認証ポリシーの追加

  1. 「Web サーバー」 > 「認証ポリシー」に移動して、「追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. クライアント認証のモードを選択します。
    オプション説明
    ベーシック HTTP ベーシック認証、すなわちユーザー名とパスワードの入力により、ユーザーを認証します。セッション Cookie が生成されないため、専用サインアウトができなくなります。
    ヒント: 認証情報は暗号化されずに送信されるので、このモードは HTTPS と併用してください。
    フォーム ユーザーはフォームに認証情報を入力します。セッション Cookie が生成されるので、専用サインアウトが可能です。
  4. クライアント認証の詳細設定を指定します。
    オプション説明
    基本的なプロンプト ベーシック認証でユーザーに表示する文字列。例: 「認証情報を入力してください。」
    認証テンプレート フォームベース認証で、ユーザーに表示するフォーム。
    ユーザーやグループ このプロファイルに割り当てるユーザーまたはユーザーグループ。
  5. 認証の転送モードを指定します。
    このモードは Web サーバーの認証設定と一致させる必要があります。
    オプション説明
    ベーシック ユーザー名とパスワードを入力して、HTTP ベーシック認証で認証します。
    なし ファイアウォールと Web サーバーの間で認証が行われません。
    注: Web サーバーで認証がサポートされなくても、ユーザーはフロントエンドモードで認証されます。
  6. 認証転送の詳細設定を指定します。
    オプション説明
    ユーザー名の追加 ベーシック認証の場合、ユーザー名に自動追加されるアフィックスの種類。アフィックスはドメインやメールアドレスの作業を行う際に便利です。
    注: ユーザーがユーザー名のみを入力すると、プレフィックスとサフィックスが追加されます。
    基本ヘッダーの削除 認証なしの場合に、ファイアウォールから Web サーバーに基本ヘッダーを送信しません。
  7. オプション: フォームベース認証の場合に、ユーザーセッションの設定を指定します。
    オプション説明
    セッションタイムアウト 指定された間隔内にアクティビティが検出されなかった場合は、ユーザーに強制的に再度ログオンさせます。
    セッション有効期間 アクティビティがあるかどうかにかかわらず、ユーザーがログオンした状態を維持できる時間を制限します。
  8. 保存」をクリックします。