DNS ホストエントリの追加

DNS ホストエントリを使って、特定のホストまたはドメイン名のリクエストを解決することができます。ユーザーのリクエストしたホストが DNS ホストエントリと一致した場合は、指定 IP アドレスを使ってクエリを解決します。

  1. 「ネットワーク」 > 「DNS」に進んでください。
  2. 「DNS ホストエントリ」セクションにスクロールして、「追加」をクリックします。
  3. 設定を指定します。
    オプション説明
    ホスト名/ドメイン名 ホストまたはドメインの完全修飾ドメイン名 (FQDN)。
    エントリの種類 ホストに IP アドレスを手動で入力するか、ホストとして構成するインターフェースを選択します。
    IP アドレス ホストの IP アドレス。
    有効時間 ホストから取得されたドメインレコードがキャッシュされる時間 (秒)。
    加重 トラフィックの負荷分散の加重。デバイスは個別のリンクに割り当てられた加重の割合で、トラフィックをリンク全体に分散します。この加重によって、各リンクを通過するトラフィック量が決まります。
    WAN 上で発行 WAN 上で DNS ホストエントリを発行します。
    このホストエントリに逆引き DNS 参照を追加する IP アドレスが、特定のドメイン名に変換されることを許可します。
    逆引き DNS 参照には、以下の制限が適用されます。
    • 複数のホストが同じ IP アドレスに変換される場合、「逆引き DNS 参照」ではそのうち 1 つのみを構成できます。
    • サポートされている DNS レコードの種類は「A」、「AAAA」、「PTR」です。
    • アドレス (A) レコードは、ホスト名から 32 ビットの IPv4 アドレスを特定して返します。
    • AAAA レコードは、ホスト名から 128 ビットの IPv6 アドレスを特定して返します。
    • ポインタレコード (PTR) は逆引き参照に使用されます。ポインタレコードは IP アドレスをホスト名にマップします。
    • DNS でサポートされている最大エントリ数は 1024 です。
    • デバイスインターフェースがクライアントシステム内で DNS として使用されている場合、ROOT サーバーにクエリする前に、この構成済みの DNS サーバーにクエリが送信されます。
  4. 保存」をクリックします。