ユーザーの登録

  1. 「認証」 > 「ユーザー」に移動して、「追加」をクリックします。
  2. 認証に使用するユーザー名を入力します。
  3. 名前を入力します。
    注: これはユーザーレコードの名前です。ユーザー名ではありません。
  4. 認証に使用するパスワードを入力します。
  5. 種類を選択します。
    オプション説明
    ユーザー ファイアウォール経由でインターネットに接続するエンドユーザー。
    管理者 プロファイルの定義に従って、ファイアウォールオブジェクトおよび設定にアクセスできるユーザー。
  6. メールアドレスを入力します。
    注: Active Directory からユーザーをインポート済みの場合は、ユーザー認証時に、ここで指定したメールアドレスが Active Directory からのメールアドレスで置き換えられます。
  7. ポリシーを選択します。
    注: ユーザーレベルで指定されたポリシーはグループレベルで指定されたポリシーよりも優先されます。
    オプション説明
    グループ ユーザーを追加するグループ。ユーザーは、グループに割り当てられたすべてのポリシーを継承します。
    ネット閲覧クォータ 定義済みの期間や周期に基づき、アクセスを制御します。このポリシーには、周期、時間、有効期間、最大時間などを指定できます。
    アクセス時間 定義済みの反復期間に基づき、アクセスを許可または拒否します。
    ネットワークトラフィック 帯域使用量に基づき、アクセスを制御します。
    トラフィックシェーピング QoS トラフィックシェーピングポリシーに基づき、アクセスを制御します。このポリシーには、ポリシーの関連付け、優先順位、アップロードやダウンロードの上限などを指定できます。
    リモートアクセス VPN 経由でリモートユーザーにアクセス制御を適用します。
    クライアントレス ブラウザのみをクライアントとして使用するユーザーのアクセスを制御します。このポリシーには、クライアントレスユーザーにアクセスを許可するブックマークやリソースなどを指定できます。
  8. 設定を指定します。
    注: ユーザーレベルで指定されたポリシーはグループレベルで指定されたポリシーよりも優先されます。
    オプション説明
    L2TP L2TP によるアクセスを許可します。L2TP でアクセスするユーザーにリースする IP アドレスを指定することもできます。
    PPTP PPTP によるアクセスを許可します。PPTP でアクセスするユーザーにリースする IP アドレスを指定することもできます。
    Sophos Connect クライアント 構成済みの CISCO VPN クライアントによるリモートアクセスを許可します。CISCO VPN でアクセスするユーザーにリースする IP アドレスを指定することもできます。
    隔離ダイジェストメール 隔離されているメールメッセージのリストをダイジェスト形式で送信します。
    同時ログイン ユーザーに許可する同時セッション数。グローバル設定に指定した値を使用するか、それ以外の値を指定します。
    MAC バインド ユーザーが指定されたデバイス経由でログオンすることを要求します。
    ログインの制限 指定されたノードからのアクセスを許可します。無制限 (任意のノード)、特定のノード、またはノード範囲を指定することができます。
  9. 管理者ユーザーは、「管理者の詳細設定」をクリックして、設定を指定してください。
    オプション説明
    デバイスアクセスのスケジュール 選択した時間帯のみ、デバイスアクセスを許可します。
    デバイスアクセスのログイン制限 指定されたノードからのアクセスを許可します。無制限 (任意のノード)、特定のノード、またはノード範囲を指定することができます。
  10. 保存」をクリックします。