VLAN インターフェースの追加

  1. 「ネットワーク」 > 「インターフェース」に移動して、「インターフェースの追加」をクリックして、「追加VLAN」を選択します。
  2. 設定を指定します。
    オプション説明
    物理インターフェース 物理インターフェースはポートです (Port1、PortA、eth0 など)。 仮想インターフェースは、選択したインターフェースのメンバーになります。
    ゾーン インターフェースに割り当てるゾーン。 仮想インターフェースは、選択したゾーンのメンバーになります。
    VLAN ID VLAN 識別子。各仮想インターフェースの VLAN ID は、パケットの VLAN ID と一致する必要があります。ID が一致しない場合、仮想インターフェースは VLAN タグ付きのトラフィックを受信しません。
    注: VLAN ID が同じ仮想インターフェースを、同じ物理インターフェースに追加することはできません。
  3. IP の割り当ての詳細を指定します。
  4. オプション: 詳細設定を指定します。
    オプション説明
    DAD 試行回数 仮アドレスで DAD (Duplicate Address Detection) を実行中に、連続して送信するネイバー要請メッセージ数。
    許可されている RA サーバー このインターフェースを使って接続可能なリモートアクセスサーバー。
  5. 保存」をクリックします。

仮想インターフェースが、物理インターフェースの下に表示されます。