L2TP (リモートアクセス)

L2TP (レイヤー 2 トンネリングプロトコル) では、インターネット上のプライベートトンネル経由で社内ネットワークに接続することができます。XG Firewall では、RFC 3931 の定義に基づき L2TP をサポートしています。

接続を有効にするには、まず L2TP を有効にする必要があります。VPN 設定を表示をクリックし、L2TPタブをクリックします。
  • 接続を有効にするには、アクティブ状態インジケータをクリックします。
  • 接続するには、接続状態インジケータをクリックします。
表 1. 接続状態インジケータ

有効

接続

説明

「アクティブ」インジケーター

「非アクティブ」インジケーター

接続は有効ですが、接続されていません。

「アクティブ」インジケーター

「アクティブ」インジケーター

接続は有効で接続されています。

「アクティブ」インジケーター

「部分的」インジケーター

接続は有効ですが、一部のみ接続されています。LAN またはリモートネットワーク上で複数のサブネットが構成されている場合、各サブネット用にサブ接続が作成されます。この状態は、いずれかのサブ接続が有効ではないことを示しています。

「非アクティブ」インジケーター

「非アクティブ」インジケーター

接続は無効です。