トラフィックシェーピングの設定

ここでは、インターネットトラフィックに関して、最大帯域幅、トラフィックの最適化、帯域幅の割り当てなどを設定する方法を説明します。これらの設定は通常、ポリシーが適用されていないトラフィックに適用されます。

  • 帯域幅の使用状況を表示するには、ページ下部の帯域幅使用量の表示をクリックします。

全般設定

利用可能な WAN 帯域幅の合計
すべての WAN リンクの最大帯域幅の合計 (KB/s)。
リアルタイムの最適化 (VoIP)
VoIP などのリアルタイムトラフィックを優先します。無効にされている場合、優先度は余分な帯域幅 (保証帯域幅の割り当て後に残った帯域幅) にのみ適用されます
保証帯域を強制適用
有効を選択すると、このページのデフォルトのポリシー設定が適用されます。
デフォルトのポリシー
トラフィックシェーピングポリシーが適用されていないトラフィックに使用するデフォルトのポリシー。
  • 保証帯域: ユーザーに保証する最小帯域幅。
  • 制限帯域: ユーザーが利用可能な最大帯域幅。
  • 優先度: トラフィックの優先度を、1 (最高) から 7 (最低) の間で設定します。
トラフィックシェーピングポリシーを個別に指定するには、システムサービス > トラフィックシェーピングにアクセスします。