通知の設定

メールサーバーを設定し、アラートメールを送受信するように設定できます。

はじめに

システムによって自動生成されたイベントおよびレポートのメール通知を送信するように設定できます。内蔵メールサーバーまたは外部メールサーバーを使用できます。

内蔵メールサーバーの設定

内蔵メールサーバーを使用して通知を送信するには、次の手順に従います。

  1. 管理 > 通知の設定の順にクリックします。
  2. 内蔵メールサーバーをオンにします。
  3. メールの設定を行います。

外部メールサーバーの設定

外部メールサーバーを使用して通知を送信するには、次の手順に従います。

  1. 管理 > 通知の設定の順にクリックします。
  2. 外部メールサーバーをオンにします。
  3. メールサーバー IPv4 アドレス/FQDNおよびポート番号を指定します。デフォルトポート: 25
  4. ユーザーがメールを送信する前に認証するには、認証の要求をオンにします。
    1. ユーザー名およびパスワードを指定します。
  5. SMTP クライアントとサーバーの間で使用する 接続のセキュリティ のモードを選択します。XG Firewall が使用する証明書は、メールモードと接続セキュリティモードによって異なります。
    オプション説明

    なし

    通知をプレーンテキストで送信します。

    STARTTLS

    メールサーバーのセキュリティ設定に従います。メールサーバーが STARTTLS で応答すると、安全な (SSL/TLS) 接続が確立されます。メールサーバーが何も応答しない場合は、通知はプレーンテキストで送信されます。

    XG Firewall を MTA モードに設定した場合は、メール > 全般設定で指定した証明書が使用されます。

    レガシーモードの場合は、管理 > 通知の設定で証明書を選択できます。証明書を選択しなかった場合、メール > 全般設定で指定した証明書が使用されます。

    SSL/TLS

    SSL/TLS 接続で通知を送信します。メール > 全般設定で指定した証明書が使用されます。

    無効な証明書を使用しているメールサーバーへの通知を引き続き許可するには、メール > 全般設定「無効な証明書を許可」を選択します。無効な証明書を使用している接続は許可しないことをお勧めします。
  6. 次に、メールの設定を行います。

メールの設定

メールの設定方法は次のとおりです。

  1. 送信者と受信者のメールアドレスを入力します。
  2. 管理インターフェースの IP アドレスリストからインターフェースを選択します。選択したインターフェースの IP アドレスが、メール通知に記載されます。

    物理、ブリッジ、LAG のいずれかのインターフェースを指定できます。リストには、IP アドレスを割り当てたインターフェースだけが表示されます。

    複数の XG Firewall を導入している場合は、この IP アドレスに基づいて、どの管理インターフェースから通知が送信されたかを判断できます。導入しているファイアウォールが 1台のみの場合は、「なし」を選択して構いません。

  3. メール通知をオンにする必要があります。そのためには、システムサービス > 通知リストにアクセスします。