インポート エクスポート

XG Firewall の設定の全体または一部をインポート/エクスポートできます。

インポートおよびエクスポートは、互換性のあるデバイス間でのみ行えます。設定ファイルの形式は、XML (.xml) です。この設定ファイルはオフラインで更新できます。

インポート

ファイルのインポート: インポートする .tar ファイルを選択し、インポートを選択します。

既に設定済みの項目がインポートされた場合は、既存の設定は上書きされます。たとえば、インポートする設定と既存の設定の両方に Daily 10 MB という名前のネットワークトラフィッククォータポリシーがある場合、既存のポリシーの設定は上書きされます。

インポートによって上書きされなかった既存の設定は、そのまま維持されます。インポートしたファイルに含まれる新しい設定が、XG Firewall に追加されます。

エクスポート

すべての設定のエクスポート: 設定全体をエクスポートするにはこのオプションを選択して、エクスポートを選択します。

選択した設定のエクスポート: このチェックボックスを選択して、エクスポートする設定を選択します。また、依存関係のある設定をエクスポートするには、依存する項目を含めるを選択します。

API を使用して設定を更新するには、次の手順に従います。

  • 必要な設定をエクスポートします。
  • .xml ファイル形式に解凍し、必要に応じて変更を加えます。設定ファイルの API の形式については、API のヘルプを参照してください。
  • 更新した .xml ファイルを .tar ファイルに圧縮します。
  • .tar ファイルを XG Firewall にインポートします。