バックアップとファームウェア

設定、ファームウェアバージョン、ホットフィックス、およびパターン更新を管理できます。

バックアップと復元: 設定のバックアップを作成して、それを復元することができます。

API: API を使用して、ルール、ポリシー、オブジェクトを追加、更新、削除することができます。これにより、多数の XG Firewall デバイス間で設定を統一できます。

インポート エクスポート: ルール、ポリシー、設定、オブジェクトなどの設定の全体または一部をインポート、エクスポートすることができます。たとえば、エクスポートした XML ファイルにオフラインで変更を加え、インポートする、といったことも可能です。

XG Firewall の下位モデルから上位モデルへのインポートは、一部の設定のみ行えます。互換性のあるデバイスについては、バックアップ復元の互換性チェックを参照してください。

ファームウェア: XG Firewall を別のファームウェアバージョンに更新できます。また、ホットフィックスを自動的に適用できます。Web 管理コンソールのデフォルト言語の変更も、このページで行えます。

パターンファイルの更新: ウイルス対策、IPS、アプリケーションのシグネチャや WAF などのモジュールを、手動で更新したり、自動的に更新したりできます。