SNMP

SNMP (Simple Network Management Protocol) は、XG Firewall の情報 (ファイアウォールのステータス、サービスの可用性、CPU、メモリ、ディスクの使用率など) にアクセスするためのプロトコルです。XG Firewall では、SNMPv3、SNMPv1、SNMPv2c のプロトコルをサポートしています。

  • XG Firewall を SNMP エージェントとして設定するには、SNMP エージェントの有効化を選択して、設定を指定します。
  • SNMPv1 および SNMPv2c コミュニティを追加するには、追加を選択します。
  • SNMPv3 ユーザーを追加するには、追加を選択します。ユーザー名は変更できません。

SNMP エージェント、コミュニティ、ユーザー設定を tar ファイルの形式でインポートまたはエクスポートするには、バックアップとファームウェア > インポート エクスポートに移動します。

SNMP エージェント

XG Firewall を SNMP エージェントとして設定できます。エージェントは、システムによって生成されたイベントのトラップ (アラート) を、コミュニティ内の SNMP マネージャおよび指定された SNMPv3 ユーザーに送信します。また、マネージャがトリガーするさまざまな SNMP クエリにも対応します。

SNMPv1 および SNMPv2c コミュニティ

SNMPv1 および SNMPv2c コミュニティを設定できます。XG Firewall は、コミュニティ内の SNMP マネージャと通信します。

SNMPv3 ユーザー

SNMPv3 ユーザーおよび許可されたホストを追加できます。暗号化と認証の設定を指定して、メッセージの機密性や整合性を保つとともに、ユーザーを検証することが可能です。

MIB および OID

MIB (Management Information Base) には、XG Firewall がサポートする OID のリストが含まれています。この MIB を SNMP マネージャおよび許可されたホストに追加する必要があります。Sophos MIB をダウンロードしてください。

OID (オブジェクト識別子) は、トラップ内のイベントを識別するのに役立ちます。XG Firewall は、次の標準 OID をサポートしています。

  • SNMPv2-MIB
  • IF-MIB [Counter32 および Counter64 に対応]
  • SNMPv2-SMI
  • IP-MIB
  • IP-FORWARD-MIB
  • TCP-MIB
  • UDP-MIB