Web 管理コンソール

Web 管理コンソールを使って XG Firewall を管理できます。

Sophos Firewall OS では、XG Firewall の設定および管理用の GUI (Web 管理コンソール) を使用できます。

一般的なブラウザのほとんどに対応しています。最新のブラウザバージョンを使用することを推奨します。

Web 管理コンソールの設定

Web 管理コンソールには、Web ブラウザから HTTPS を使用してアクセスできます。デフォルト設定は次のとおりです。

  • サービス: HTTPS
  • インターフェース: LAN
  • 管理コンソールの HTTPS ポート: 4444

Web 管理コンソールにアクセスするインターフェースを変更するには、管理 > デバイスのアクセスにアクセスします。

警告 外部向け (WAN) インターフェースで Web 管理コンソールを有効にすることは推奨しません。そうすると、サイバー犯罪者がファイアウォールのベンダーと種類を簡単に特定し、標的型攻撃を開始する恐れがあります。

Web 管理コンソールの設定を更新するには、管理 > 管理の設定にアクセスします。

サインインウィンドウにアクセスするには、ブラウザを開き、アドレスバーに XG Firewall の内部 IP アドレスまたはホスト名を入力し、続けてポート番号 (443 と異なる場合) を入力します。

例: security.sophos.com:4444

サインインウィンドウの右上のドロップダウンメニューから言語を選択できます。

ユーザー名とパスワードを入力します。XG Firewall への初回ログイン時には、デフォルトのユーザー名とパスワードを使用します。

Web 管理コンソールにサインインすると、コントロールセンターが開き、セキュリティシステムの状態の一覧が表示されます。

未承認のユーザーが XG Firewall にアクセスするのを防ぐため、作業後はサインアウトしてください。

XG Firewall からサインアウトするには、Web 管理コンソールの右上に表示されているユーザー名をクリックし、ログアウトを選択します。

Web ページ

Web ページの上部には、次のオプションが常に表示されています。

オプション

説明

操作ガイド

XG Firewall のハウツーライブラリが開きます。XG Firewall の設定方法を説明するビデオが揃っています。

ログビューア

ログビューアが新しいウィンドウで開きます。

ヘルプ

現在表示している画面に関連するヘルプページが開きます。

ユーザー名

例: admin

ドロップダウンメニューのオプションは次のとおりです。
  • サポート: Sophos のサポートページが開きます。このページからサポートケースを作成することができます。
  • 製品情報: ライセンス のページが開きます。
  • コンソール: コマンドラインインターフェース (CLI) コンソールを開きます。
  • デバイスの再起動
  • デバイスのシャットダウン
  • ロック: 管理Webコンソールをロックします。Web 管理コンソールのロックを解除するには、パスワードを入力する必要があります。すると、作業中のページが再び開きます。情報の再入力は不要です。ただし、管理 > 管理の設定管理者セッションのログアウト:を有効にした場合は、指定した時間が経過するとサインインウィンドウに戻ります。この場合、保存していない変更内容は失われます。
  • ログアウト: 管理セッションからログアウトし、サインインウィンドウに戻ります。