SMTP マルウェアスキャンポリシーの追加

送受信メールに含まれるマルウェアおよび添付ファイルのフィルタ条件およびアクションを指定できます。制御するファイルの種類、ウイルス対策エンジン、隔離アクション、および通知設定を指定できます。

SMTP マルウェアスキャンポリシーを追加するには、以下の手順に従います。
  1. メールポリシーにアクセスして、ポリシーの追加SMTP マルウェアスキャンの順にクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 送信者および受信者のメールアドレスまたはドメイングループを指定します。
  4. 添付ファイルのフィルタを指定します。
    オプション説明
    ブロックするファイルタイプ ブロックする添付ファイルのタイプを選択します。ファイルタイプを複数選ぶには、Ctrl+Shift を押しながら選択します。MIME ヘッダが MIME ホワイトリスト に自動的に挿入されます。
    MIME ホワイトリスト 特定の種類のファイルを許可するには、その MIME ヘッダを選択します。それ以外の種類はブロックされます。
  5. スキャンの詳細を選択します。
    オプション説明
    無効 メールはスキャンされません。
    シングルウイルス対策エンジン プライマリエンジンによってメールがスキャンされます。
    デュアルウイルス対策エンジン 最初にプライマリエンジンで、続けてセカンダリエンジンでメールがスキャンされます。
    Sophos Firewall XG 105 より古いモデルでは、プライマリのウイルス対策エンジンによるスキャンのみを有効にできます。
  6. スキャンしたメールに対するアクションを選択します。
    オプション説明

    隔離

    メールを隔離するかどうかを選択します。

    隔離されたメールは、受信者に対して指定した方法で配信されます。

    送信者に通知

    メールを保留にし、メールが感染していることを送信者に通知します。

    送信者に通知するには、受信者に対するアクションを配信しないに設定する必要があります。

    配信オプション: 受信者

    感染している添付ファイルや保護された添付ファイルを、受信者に対してどう処理するかを選択します。この設定は、不審な添付ファイルにも適用されます。

    配信しない: 受信者にメールも通知も送信しません。

    オリジナルメールを配信: 受信者にメールを送信します。

    添付ファイルを削除して配信: 感染した添付ファイルを削除したメールと、削除に関する通知を配信します。
    ブロックするように指定したファイルの種類には適用されません。

    配信オプション: 管理者

    感染した添付ファイルや保護された添付ファイルについて、管理者に通知する方法を選択します。

    配信しない: 管理者に通知しません。

    元の形式を送信: 管理者にメールを送信します。

    添付の削除: 添付ファイルなしでメールを受信者に送信し、削除について管理者に通知します。

    保護された添付ファイルはスキャンされませんが、そのことについて受信者に通知します (通知しないように指定した場合を除く)。
  7. 保存」をクリックします。