SMTP スパムスキャンポリシーの追加

SMTP スパムスキャンポリシーでは、送信者と受信者のメールのフィルタ条件や、処理、暗号化を指定できます。

送受信メールに対してフィルタを適用し、送信元、宛先、メッセージ、データに関する条件を適用できます。また、SPX 暗号化や、隔離、配信などの処理を指定できます。

SMTP スパムスキャンポリシーを追加するには、以下の手順に従います。

  1. メール > ポリシーにアクセスして、ポリシーの追加、「SMTP スパムスキャン」の順にクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 送信者と受信者のメールアドレスグループまたはドメイングループを指定します。 完全一致またはキーワード一致を指定します。
  4. フィルタの条件を指定し、一致した項目にアクションを適用します。
    オプション説明

    受信メール:

    スパム、スパムの可能性あり、ウイルス大量感染、ウイルス大量感染の可能性ありの条件。

    送信メール:

    スパム、スパムの可能性あり、ウイルス大量感染、ウイルス大量感染の可能性ありの条件。

    送信元 IP アドレス/ネットワークアドレス

    送信者の IP アドレスまたはネットワークアドレス。

    宛先 IP アドレス/ネットワークアドレス 受信者の IP アドレスまたはネットワークアドレス。
    送信者がリモートブラックリストに登録されている場合 送信者をチェックする RBL グループを選択します。

    メッセージのサイズ

    スキャンするメールサイズの上限または下限。

    メッセージのヘッダ

    ヘッダの条件

    その他の詳細を入力します。

    完全一致またはキーワード一致を指定します。

    キーワードを指定します。

    データコントロールリスト データコントロールリストを選択します。送信メールにのみ適用されます。

    なし

    指定した送信者から受信者へのすべてのメールに、指定したアクションが適用されます。

  5. 処理を指定します。
    オプション説明
    拒否

    メールを拒否し、送信者に通知します。

    許可

    メールを配信します。

    SPX テンプレートを選択します。

    受信者の変更

    メールの受信者を指定します。メールに指定されていた受信者には配信されません。

    件名にプレフィックスを追加

    件名にプレフィックスを追加して、メールを配信します。 SPX テンプレートを選択します。

    フィルタの条件を表すプレフィックスを指定すると便利です。たとえば、スパムの可能性ありというプレフィックスを指定すると、テストメールという件名のメールが条件に一致した場合、スパムの可能性あり: テストメールという件名で受信者に配信されます。
    破棄

    メールを破棄し、送信者に通知しません。

    隔離

    メールを隔離します

    SPX 暗号化は、送信メールにのみ適用できます。
  6. 保存」をクリックします。