SNMPv3 ユーザーの追加

SNMPv3 ユーザーおよび許可されたホストを追加できます。暗号化と認証の設定を指定して、メッセージの機密性や整合性を保つとともに、ユーザーを検証することが可能です。

  1. 管理 > SNMPに進んでください。SNMPv3 のユーザーとトラップへスクロールして、追加を選択します。
    SNMP エージェント、コミュニティ、ユーザー設定を tar ファイルの形式でインポートまたはエクスポートするには、バックアップとファームウェア > インポート エクスポートに移動します。
  2. ユーザー名に入力します。承認済みホストで指定したユーザー名と一致させてください。スペースは入力できません。
  3. マネージャからの要求を受信するには、クエリを承認を選択します。ユーザーの認証情報が一致した場合、XG Firewall はクエリに応答します。応答するために、承認済みホストの詳細は不要です。
  4. XG Firewall からマネージャにトラップ (アラート) を送信できるようにするには、トラップを送信を選択します。
    ヒント SNMP トラップをオンにするには、システムサービス > 通知リストにアクセスします。
  5. 承認済みホストに、ホストマシンの IP アドレス (IPv4 または IPv6) を入力します。
    SNMP マネージャまたは許可されたホストが WAN ゾーンにある場合は、WAN ゾーンの SNMP をオンにします。管理 > デバイスのアクセスに進んでください。
  6. 暗号化アルゴリズムをリストから選択し、12文字以上のパスワードを指定します。
    • AES
    • DES
    • なし:暗号化しません
  7. 認証アルゴリズムをリストから選択し、12文字以上のパスワードを指定します。
    • MD5
    • SHA256
    • SHA512
  8. 保存」をクリックします。