サポートアクセス

トラブルシューティングの目的で、XG Firewall への一時的なアクセスを ソフォス テクニカルサポート に許可できます。

サポートアクセスとは、ソフォス テクニカルサポート がお客様の XG Firewall の Web 管理コンソールに管理者認証情報を使用せずに接続できるようにする機能です。

サポートアクセスが有効になっている場合、ソフォス テクニカルサポート はお客様の XG Firewall の Web コンソールおよびシェルにアクセスできます。HTTPS および SSH のいずれの場合も、XG Firewall 側から TCP ポート 22 経由で ソフォス テクニカルサポート への接続を開始します。 アイドル状態の SSH セッションを 15分後に終了します。

サポートアクセスを設定するには、以下の手順に従います。

  1. 診断 > サポートアクセスにアクセスし、「サポートアクセス」を有効にします。
  2. 「OK」をクリックします。
  3. サポートアクセスの期間を選択します。
  4. 適用」をクリックして、設定を更新します。
  5. 「OK」をクリックします。
    Sophos XG Firewall が APU (Access Proxy for UTM) へのセキュリティ保護されたコントロール接続を確立して、一意のアクセス ID をネゴシエートします。
  6. アクセス IDソフォス テクニカルサポート と共有します。
ソフォス テクニカルサポート は、このアクセス ID を使用して XG Firewall にサインインします。接続は、指定した時間まで有効です。
サポートアクセスはいつでも無効にできます。