コンテンツにスキップ

通知の設定

メールサーバーを設定して、警告メールを送受信するための設定を行えます。

はじめに

システムによって生成されたイベントおよびレポートのメール通知を設定できます。ビルトインメールサーバーまたは外部メールサーバーのいずれかを使用できます。

内蔵メールサーバーを設定します

ビルトインメールサーバーを使用して通知を送信するには、次の手順に従います。

  1. 管理 > 通知の設定」をクリックします。
  2. 内蔵メールサーバー」をオンにします。
  3. メールの設定を指定します。

外部メールサーバーの設定

外部メールサーバーを使用して通知を送信するには、次の手順を実行します。

  1. 管理 > 通知の設定」をクリックします。
  2. 外部メールサーバー」をオンにします。
  3. メールサーバーの IPv4 アドレスまたは FQDN とポート番号を指定します。デフォルトポート: 25.
  4. 認証の要求」をオンにして、ユーザーがメールを送信する前に認証します。
    1. ユーザー名」と「パスワード」を指定します。
  5. SMTP クライアントとサーバーの間で使用する「接続のセキュリティ」モードを選択します。Sophos Firewall で使用される証明書は、メールモードと接続セキュリティモードによって異なります。

    オプション 説明
    なし 通知をプレーンテキストで送信します。
    STARTTLS メールサーバーのセキュリティ設定に従います。メールサーバーが STARTTLS で応答すると、安全な (SSL/TLS) 接続が確立されます。メールサーバーが何も応答しない場合、通知はプレーンテキストで送信されます。
    MTA モードでは、「メール > 全般設定」で指定した証明書が使用されます。
    レガシーモードでは、「管理 > 通知の設定」で証明書を選択できます。証明書を選択しなかった場合は、「メール > 全般設定」で指定した証明書が使用されます。
    SSL/TLS SSL/TLS 接続を介して通知を送信します。「メール > 全般設定」で指定した証明書が使用されます。

    無効な証明書を持つメールサーバーへの通知を許可するには、「メール > 全般設定」で「無効な証明書を許可」を選択します。無効な証明書を使用した接続は許可しないことをお勧めします。

  6. ここで、メール設定を構成します。

メール設定の構成

メールの設定を指定するには、以下の手順に従います。

  1. 送信者と受信者のメールアドレスを入力します。
  2. 管理インターフェースの IP アドレス」のリストからインターフェースを選択します。選択したインターフェースの IP アドレスがメール通知で送信されます。

    物理インターフェース、ブリッジインターフェース、または LAG インターフェースを指定できます。このリストには、IP アドレスを割り当てたインターフェースだけが表示されます。

    複数の Sophos Firewall を展開している場合は、通知の送信元となる管理インターフェースを IP アドレスで識別できます。展開したのが 1つだけの場合は、「なし」を選択できます。

  3. メール通知をオンにする必要があります。そのためには、「システムサービス > 通知リスト」に移動します。

その他のリソース

トップへ