コンテンツにスキップ

SNMPコ ミュニティおよびトラップの設定

SNMPv1 および SNMPv2c コミュニティを作成するには、SNMP マネージャを追加して、トラフィックを許可します。

はじめに

ここでは、以下の手順を説明します。

  • Sophos Firewall を SNMP エージェントとして設定する (まだ設定していない場合)。
  • SNMPv1 および SNMPv2c マネージャを設定する。
  • SNMP マネージャが属するゾーンの SNMP トラフィックを許可する。
  • Sophos Firewall による SNMP 警告の送信を許可する。

Sophos Firewall を SNMP サーバーとして設定する

Sophos Firewall が SNMP エージェントとして動作することを許可します。SNMP エージェント、ユーザー、マネージャ用の標準ポートを使用します。

  1. 管理 > SNMP」に移動します。
  2. SNMP エージェントの有効化」を選択します。
  3. 場所」と「担当者」を入力します。
  4. 適用」をクリックします。

    次に例を示します。

    SNMP エージェントを設定する

SNMPv1 および v2c コミュニティを設定する

SNMP マネージャの IP アドレスを指定します。Sophos Firewall は、SNMPv1 および SNMPv2c トラップをマネージャに送信します。

  1. 管理 > SNMP」に移動します。「SNMPv1 および SNMPv2c のコミュニティとトラップ」までスクロールダウンし、「追加」を選択します。
  2. IP アドレス」を指定します。例: 50.50.50.10
  3. クエリ」および「トラップサポート」を選択します。
  4. 適用」をクリックします。

    次に例を示します。

    SNMP マネージャを設定します

SNMP トラフィックおよび警告を許可する

SNMP ユーザーおよびマネージャが属するゾーンの SNMP トラフィックを許可します。また、Sophos Firewall による SNMP 警告の送信を許可します。

  1. 管理 > デバイスのアクセス」に移動し、SNMP ユーザーおよびマネージャが SNMP トラフィックを送受信するゾーンを選択します。

    次に例を示します。

    SNMP トラフィックを許可します

  2. システムサービス > 通知リスト」に移動します。

  3. SNMP トラップ」をオンにします。
  4. 送信したい警告の「SNMP」をオンにします。

    次に例を示します。

    SNMP 警告を選択します

その他のリソース

トップへ