コンテンツにスキップ

SNMP

SNMP (Simple Network Management Protocol) を使って、Sophos Firewall の情報 (ファイアウォールのステータス、サービスの可用性、CPU、メモリ、ディスクの使用状況など) にアクセスすることができます。Sophos Firewall は、SNMPv3、SNMPv1、および SNMPv2c プロトコルをサポートします。

  • Sophos Firewall を SNMP エージェントとして設定するには、「SNMP エージェントの有効化」を選択して設定を指定します。
  • SNMPv1 および SNMPv2c コミュニティを追加するには、「追加」を選択します。
  • SNMPv3 ユーザーを追加するには、「追加」を選択します。ユーザー名は後で変更できません。

エージェント設定

Sophos Firewall を SNMP エージェントとして設定できます。システムによって生成されたイベントのトラップ (警告) を、コミュニティ内の SNMP マネージャおよび指定された SNMPv3 ユーザーに送信します。また、マネージャによってトリガーされたさまざまな SNMP クエリーにも応答します。

MIB のダウンロード」をクリック して、Sophos Firewall の管理情報ベース (MIB) をダウンロードします。

SNMPv3 のユーザーとトラップ

SNMPv3 ユーザーおよび承認済みホストを追加できます。また、暗号化および認証を設定することで、機密性、メッセージの整合性、ユーザーの有効性を確保できます。

Sophos Firewall は、SNMPv3 ユーザーの SNMPv3 インフォームリクエスト (応答ベースのトラップ) をサポートしています。SNMP マネージャは、Sophos Firewall から SNMP インフォームを受信すると、応答を送信します。Sophos Firewall は、SNMP マネージャからの応答を受信しない場合でも、インフォームの再送を試行しません。

SNMPv1 および SNMPv2c のコミュニティとトラップ

SNMPv1 および SNMPv2c のコミュニティを設定できます。Sophos Firewall は、コミュニティ内の SNMP マネージャと通信します。

MIB および OID

Management Information Base (MIB) には、 Sophos Firewall がサポートする OID のリストが含まれています。MIB を SNMP マネージャおよび承認済みホストに追加する必要があります。

OID (オブジェクト識別子) は、トラップ内のイベントを識別するのに役立ちます。Sophos Firewall は、次の標準 OID をサポートしています。

  • SNMPv2-MIB
  • IF-MIB [Counter32 および Counter64 をサポート]
  • SNMPv2-SMI
  • IP-MIB
  • IP-FORWARD-MIB
  • TCP-MIB
  • UDP-MIB

その他のリソース

トップへ