コンテンツにスキップ

API の使用方法

API を使って XML 文字列を指定し、設定を手動で変更することができます。

はじめに

API を使って設定を変更するには、以下の手順に従います。

  • 更新対象のモジュールの読み取り/書き込み権限を持つ管理者プロファイルを作成します。
  • 管理者プロファイルを管理者レコードに割り当てます。
  • 以下のアクティビティを許可します。
    • API 設定。
    • 管理者のエンドポイントデバイスの IP アドレスからの API アクセス。
    • 管理者のゾーンから Sophos Firewall の管理サービスへのアクセス。
  • XML 文字列の送信。この例では、ブラウザのアドレスバーに文字列を入力します。

設定変更用の管理者プロファイルを作成する

オブジェクトやネットワークに対して読み取り/書き込み権限を持つ管理者プロファイルを作成します。

  1. プロファイル > デバイスのアクセス」に移動し、一定の権限を持つ管理者プロファイルを作成します。
  2. 保存」をクリックします。

    次の図は、設定の構成方法の例を示しています。

    読み取り/書き込み権限を持つ管理者プロファイル

管理者を作成する

ユーザーを作成し、管理者プロファイルを追加します。

ユーザーを追加して、API 管理者プロファイルを割り当てると、プロファイルに基づいて管理者権限を制限できます。または、既存の管理者アカウントを使用できます。

  1. 認証 > ユーザー」に移動し、「追加」をクリックします。
  2. ユーザーの種類」を「管理者」に設定します。
  3. 先ほど作成した API 管理者プロファイルを選択します。
  4. アクセスを許可する時間を指定するには、「アクセス時間」を選択します。
  5. 特定の IP アドレスからのアクセスのみを許可するには、「デバイスアクセスのログイン制限」でオプションを選択します。
  6. 保存」をクリックします。

    次の図は、設定の構成方法の例を示しています。

    管理者プロファイルを選択します

API アクセスを許可する

上記の手順で作成した管理者の API アクセスを許可します。

API 設定を有効にし、管理者の IP アドレスからの API アクセスを許可します。また、Sophos Firewall の管理サービスへのアクセスも許可します。

  1. API 設定を以下のように指定します。

    1. バックアップ & ファームウェア > API」に移動します。
    2. API 設定」を選択します。
    3. 許可されている IP アドレス」で、API リクエストの送信元の IP アドレスを入力し、「追加」ボタンをクリックします。
    4. 適用」をクリックします。

    次の図は、設定の構成方法の例を示しています。

    API アクセスを許可する

  2. 管理者の IP アドレスを含むゾーンから管理サービスへのアクセスを許可するには、以下の手順に従います。

    1. 管理 > デバイスのアクセス」の順に選択します。「管理サービス」で、管理者のゾーンの「HTTPS」と「SSH」を選択します。

      WAN ゾーンからのアクセスを許可する場合は、特定のサービスへのアクセスを制限する例外ルールを作成することを推奨します。

    2. ローカルサービス ACL 例外ルール」までスクロールダウンします。「追加」をクリックして、例外を作成します。

    3. この例では、以下のように指定します。

      設定 説明
      送信元ゾーン LAN
      送信元ネットワーク / ホスト API administrator
      宛先ホスト Port2
      サービス HTTPS

      SSH
      処理 Accept
    4. 保存」をクリックします。次の図は、設定の構成方法の例を示しています。

      WAN アクセスのローカルサービス例外ルール

IP ホストを取得、追加、更新、削除する

ブラウザのアドレスバーを使用して、IP ホストを取得、追加、更新、削除します。

ブラウザのアドレスバーに、必要に応じて以下の文字列を貼り付けてください。

  • 設定されている IP ホストの取得:

    https://1.1.1.1:4444/webconsole/APIController?reqxml=<Request><Login><Username>API admin</Username><Password passwordform="encrypt">8b1e6eb1b182b1806390ffefc99753fc</Password></Login><Get><IPHost><Name></Name><IPFamily></IPFamily><HostType></HostType><IPAddress></IPAddress></IPHost></Get></Request>
    

    設定されている IP ホストのリストが表示されます。

  • IP ホストの追加:

    https://1.1.1.1:4444/webconsole/APIController?reqxml=<Request><Login><Username>API admin</Username><Password passwordform="encrypt">8b1e6eb1b182b1806390ffefc99753fc</Password></Login><Set><IPHost><Name>Test10</Name><IPFamily>IPv4</IPFamily><HostType>IP</HostType><IPAddress>198.1.2.1</IPAddress></IPHost></Set></Request>
    

    ホストとサービス > IP ホスト」に移動し、リストに IP ホスト Test10 があることを確認します。

  • Test10 の IP アドレスの更新:

    https://1.1.1.1:4444/webconsole/APIController?reqxml=<Request><Login><Username>API admin</Username><Password passwordform="encrypt">8b1e6eb1b182b1806390ffefc99753fc</Password></Login><Set><IPHost><Name>Test10</Name><IPFamily>IPv4</IPFamily><HostType>IP</HostType><IPAddress>198.1.3.3</IPAddress></IPHost></Set></Request>
    
  • IP ホスト Test10 の削除:

    https://1.1.1.1:4444/webconsole/APIController?reqxml=<Request><Login><Username>API admin</Username><Password passwordform="encrypt">8b1e6eb1b182b1806390ffefc99753fc</Password></Login><Remove><IPHost><Name>Test10</Name><IPFamily>IPv4</IPFamily><HostType>IP</HostType><IPAddress>198.1.3.3</IPAddress></IPHost></Remove></Request>
    

その他のリソース

トップへ