コンテンツにスキップ

SFLoader を使用したファームウェアの読み込み

現在のファームウェアバージョンが破損していて、Web 管理コンソールにアクセスできない場合は、SFLoader を使用してファームウェアイメージをアップロードしてください。

はじめに

警告

SFLoader を使用してファームウェアを読み込むオプションは、XGS デバイスでは使用できません。XGS デバイスで破損したファームウェアを更新するには、Sophos Firewall のイメージの再作成を参照してください。

前提条件: アップロードするファームウェアファイル (.gpg)。

SFLoader を使用したファームウェアの読み込み

SFLoaderにアクセスしてファームウェアをアップロードSophos Firewallできます。

  1. ダウンロードしたファームウェアイメージがない場合は、次の手順を実行します。
    1. ソフォス ライセンス ポータルにアクセスし、サインインします。
    2. ネットワークプロテクション > ファームウェアの更新」に移動し、使用するファームウェアをダウンロードします。
  2. ターミナルモードで Sophos Firewall を起動するには、コンソールケーブルを使用して、シリアルポートをエンドポイントデバイスに接続します。Sophos Firewall を再起動して、「Enter」キーを押し、SFLoader (ブートローダー) に移動します。SFLoader で、「Enter」キーを押します。
  3. 0」を選択して、SFLoader を起動します。

    これを使用して、必要なファームウェアイメージをアップロードします。

    SFLoader の選択

  4. 1 Load New Firmware」を選択します。

    1 (新しいファームウェアのロード) を選択します

  5. 次のようにネットワーク設定を指定します。

    1. 1 Network Device」を選択して、デバイスにアクセスするためのリンクを設定します。

      ネットワークデバイスを選択します

    2. 1 Port1」を選択して、デバイスにアクセスするポートを指定します。

      ポートの選択

    3. 1 Enable DHCP」を選択して、IP アドレスをリースします。

      2 Manual IP settings」を選択して、スタティック IP アドレスを割り当てることもできます。

      IP アドレスの割り当て方法を選択します

  6. Upload firmware using your desktop browser」を選択します。

    新しいファームウェアバージョンを取得する方法を選択します

    Choose file」をクリックし、ファイルを選択して「Open」をクリックします。「Send」をクリックして、ファームウェアを Sophos Firewall にアップロードします。

  7. エンドポイントデバイスでブラウザを開きます。次のように、Port1 の IP アドレスを入力します。

    http://<SFOS device IP address>

    Choose file」をクリックし、ファイルを選択して「Open」をクリックします。「Send」をクリックして、ファームウェアを Sophos Firewall にアップロードします。

    ファームウェアイメージの選択

  8. ファイルをダウンロードしたら、SFLoader に進みます。上書き対象のファームウェアを選択し、「Overwrite」をクリックします。

    上書き対象のファームウェアを選択します

  9. Migrate]を選択します。上書き対象でないファームウェアの設定が読み込まれます (例: 17.0.6.181)。「OK」を選択して、「Enter」キーを押します。

    または、「Factory」を選択して、工場出荷時の設定を使用します。

    設定の選択

  10. 「Enter」を押します。

    設定が以前のファームウェアから新しいファームウェアに移行されることを示すメッセージ

  11. 「Enter」を押します。

    ファームウェアの読み込みが完了し、ファイアウォールが再起動されることを伝えるメッセージ。

  12. 移行した設定のパスワードを入力します。

    工場出荷時の設定を使用して Sophos Firewall を復元した場合は、デフォルトのパスワード「admin」を使用します。

    コマンドラインコンソールでパスワードを入力します

    「CLI」メニュー

トップへ