コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-18

バックアップとファームウェア

設定、ファームウェアバージョン、ホットフィックス、およびパターンアップデートを管理できます。

バックアップと復元: 設定をバックアップして暗号化し、後でその設定を復元できます。

API: API を使用して、ルール、ポリシー、およびオブジェクトを追加、更新、および削除できます。API を使って変更を加えるには、設定をエクスポートする必要があります。API 機能は、Sophos Firewall デバイスが多数ある環境において、デバイス間で設定を統一するのに便利です。

インポートとエクスポート: ルール、ポリシー、設定、オブジェクトなど、構成全体またはその一部をインポートおよびエクスポートできます。これを使用して、エクスポートされた XML ファイルにオフラインで変更を加え、インポートできます。

Sophos Firewall の下位モデルから上位モデルまでの部分的な設定のみをインポートできます。互換性のあるデバイスについて詳しくは、バックアップ復元の互換性チェックを参照してください。

ファームウェア: Sophos Firewal のファームウェアを、異なるバージョンに更新できます。ホットフィックスを自動的に適用することもできます。このページでは、Web 管理コンソールのデフォルト言語を変更できます。

パターン更新: マルウェア対策、IPS、アプリケーションシグネチャ、WAF などの一部のモジュールに対して、手動または自動のアップデートを指定できます。

トップへ