コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-09-07

デフォルト CA の更新

デフォルトの証明機関を編集できます。

デフォルトの CA を編集するには、以下の手順に従います。

  1. 証明書 > 証明機関」に移動し、「既定」(デフォルトの CA) をクリックします。

    この CA の名前は変更できません。

  2. 以下の属性を変更できます。

    名前 説明
    国名 デバイスを導入する国。
    状態 都道府県。
    地域名 都市名。
    組織名 証明書所有者の名前。
    例: Sophos Group
    組織単位名 証明書の割り当て先の部門名。
    例: Marketing
    共通名 共通名または FQDN。
    例: marketing.sophos.com
    メールアドレス 担当者のメールアドレス。
    秘密鍵のパスワード CA のパスワードが設定されている場合は、ここで変更できます。
    鍵の種類 次のオプションから選択します。
    • RSA
    • 楕円曲線暗号
    鍵の長さ キーの種類を「RSA」に設定した場合は、キーの長さを選択します。鍵の長さは、鍵の生成に使用するビット数となります。

    鍵のサイズが大きいほうが安全ですが、データの暗号化と復号化に時間がかかります。
    曲線名 キーの種類を「楕円曲線暗号」に設定した場合は、曲線名を選択します。
    セキュアハッシュ 一覧からアルゴリズムを選択します。
  3. 保存」をクリックします。

トップへ