コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-09-07

サポートアクセス

トラブルシューティングのために、ソフォスサポートに Sophos Firewall へのアクセスを一時的に許可できます。

サポートアクセス」とは、ソフォスのサポート担当者が、お客様が使用している Sophos Firewall の Web 管理コンソールに、管理者の認証情報を使用せずに接続できるようにする機能です。

サポートアクセス」を有効にすると、ソフォスサポートがお客様の Sophos Firewall デバイスの管理コンソールやシェルにアクセスできるようになります。接続はすべて Sophos Firewall 側から開始し、TCP ポート 22 経由の HTTPS または SSH を使用します。Sophos Firewall は、アイドル状態の SSH セッションを 15 分後に終了します。

サポートアクセスを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 診断 > サポートアクセス」に移動し、サポートサクセスを有効にします。
  2. OK」をクリックします。
  3. サポートアクセスの期間を選択します。
  4. 適用」をクリックして、設定を更新します。
  5. OK」をクリックします。
    Sophos Firewall が APU (Access Proxy for UTM) への安全なコントロール接続を確立して、一意のアクセス ID をネゴシエートします。
  6. アクセス ID をソフォスサポートに共有します。
    ソフォスサポートはこのアクセス ID を使って、Sophos Firewall デバイスにサインインします。接続は指定された時間まで有効です。

サポートアクセス」はいつでもオフにできます。

トップへ