コンテンツにスキップ

ツール

統計情報を表示して、接続やネットワークの問題を診断したり、ネットワーク通信をテストしたりできます。たとえば、パケット損失や、接続の不具合、ネットワーク内の不一致などの問題のトラブルシューティングを行えます。

ポップアウトツール

ログビューア

ログビューアには、デフォルトでファイアウォールのログが表示されます。別のブラウザウィンドウが開き、フル画面に表示されます。詳細は、ログビューアを参照してください。

ポリシーテスター

ルールまたはポリシーの編集前後にポリシーをテストして、適用された処理を確認できます。ポリシーテスターは、別のブラウザウィンドウで開きます。詳細は、ポリシーテスターを参照してください。

Ping

Ping は IP (Internet Protocol) ネットワーク上のホスト到達性のテストや、元のホストから宛先コンピュータに送信されたメッセージのラウンドトリップタイムの測定に使用される、最も一般的なネットワーク管理者ユーティリティです。

Ping は ICMP エコーリクエストを送信して、他のホストへの接続をテストします。出力には、応答があったかどうか、パケットが転送・受信されたかどうか、パケット損失、ラウンドトリップタイムが表示されます。ホストが応答しない場合は、パケット損失が 100% と表示されます。

指定できる項目は以下のとおりです。

設定 説明
IP アドレス/ホスト名 Ping 対象の IP アドレス (IPv4/IPv6) または完全修飾ドメイン名を指定します。
IP ファミリー IPバージョン (IPv4 または IPv6) を選択します。
インターフェース ICMP エコーの要求を送信するインターフェースを選択します。
サイズ Ping パケットのサイズ (バイト) を指定します。
デフォルト: 32バイト
サイズの範囲: 1~65507

Traceroute

送信元システムから宛先システムへのパケットパスをトレースできます。出力には、送信元システムから宛先システムへのデータパケットが経由した全ルーター、最大ホップ、パケットが戻るまでに要した合計時間 (ミリ秒) が表示されます。

WebAdmin から Traceroute ツールを実行する

  1. Web 管理コンソールにサインインします。
  2. 診断 > ツール」に移動します。
  3. Traceroute」セクションに必要な情報を入力します。指定できる項目は以下のとおりです。

    設定 説明
    IP アドレス/ホスト名 IP アドレス (IPv4/IPv6) または完全修飾ドメイン名を指定します。
    IP バージョン IPバージョン (IPv4 または IPv6) を選択します。
    インターフェース リクエストを送信するインターフェースを選択します。
  4. Traceroute」をクリックすると、デバイスと指定 IP アドレス間のルート情報が表示されます。

CLI から Traceroute ツールを実行する

  1. Web 管理コンソールにサインインします。
  2. 管理 > コンソール」に移動し、Enter キーを押します。
  3. パスワードを入力してください。
  4. 次の順に選択します。「4.Device Console」を選択して、Enter キーを押します。
  5. 以下のいずれかのコマンドを実行します。引数について詳しくは、Traceroute を参照してください。

    • IPv4: traceroute <IPv4 ADDRESS>
    • IPv6: traceroute6 <IPv6 ADDRESS>

名前参照

名前参照とは、ドメイン名または IP アドレスに関する情報をドメイン名サービスに問い合わせる仕組みです。ドメイン名クエリパケットを構成された DNS (Domain Name System) に送信します。ドメイン名を入力するとその IP アドレスが、IP アドレスを入力するとそのドメイン名が返されます。

指定できる項目は以下のとおりです。

設定 説明
IP アドレス/ホスト名 IP アドレス (IPv4/IPv6) または完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。
DNS サーバー IP クエリの送信先の DNS サーバーを選択します。
すべての構成済みサーバーを使用して参照」を選択して、デバイス内で構成された利用可能なすべての DNS サーバーを表示します。このオプションを選択すると、各 DNS サーバーによるクエリ解決の所要時間についての情報も提供されます。各サーバーの応答時間に基づいて、DNS サーバーの優先順位を決定できます。

ルート参照

ルーティング可能なネットワークにおいて、トラフィックがルーティングされるインターフェースを調べたい場合は、ルート参照を使用できます。そのためには、IP アドレス (IPv4 または IPv6) を入力します。

統合型トラブルシューティングレポート (CTR)

システムの問題が発生したときに、トラブルシューティングに役立つレポート (システムの現在のステータスファイルとログファイルを含む) を生成できます。このファイルには、システム上で現在実行されている全処理のリストやリソースの使用状況などが、暗号化された形式で含まれています。

生成したファイルを保存してサポートチームにメールで送信し、問題の診断やトラブルシューティングを行ってもらうことができます。

ファイル名は以下のようになります: CTR_<APPKEY>__<MM_DD_YY>_<HH_MM_SS>

  • APPKEY」の部分は、レポートが生成されるデバイスのデバイスキーを示しています。
  • MM_DD_YY」はレポートが生成された日付 (月 日 年) です。
  • HH_MM_SS」はレポートが生成された時刻 (時 分 秒) です。

デフォルトではすべてのサブシステムに対してデバッグモードがオフになっています。ログファイルを生成するには、CLI (コマンドラインインターフェース) で以下のコマンドを実行してデバッグモードをオンにする必要があります。

console> diagnostics subsystems <subsystem name> debug on

システムのスナップショットのみを生成したい場合は、デバッグモードをオンにしないでください。

CTR では以下の設定を指定できます。

設定 説明
次の CTR を生成: 生成する CTR の種類を指定します。
システムのスナップショット: スナップショットを生成し、システムの問題を表示します。
ログファイル: ログファイルを生成します。
理由 CTR を生成する理由を指定します。

ログファイルを指定した場合は、以下のログファイルが収集されます。 - syslog.log - postgres.log - reportdb.log - applog.log

また、その他のすべてのログファイルの末尾から 1,000行が収集されます。

*.log.0 ファイルは収集されません。

トップへ