コンテンツにスキップ

SMTP 隔離

SMTP 検疫を使用すると、隔離されたメールをフィルタリングできます。隔離領域からメールを削除または解放できます。

基本フィルタ

フィルタを指定します。

  • 開始日と終了日: メールが処理された時間を指定します。
  • 送信者/受信者/件名: キーワードを指定します。

絞り込み表示

フィルタを指定します。

  • RBL によるブロック
  • スパム
  • ゼロデイ対策で解析済み
  • 感染
  • スキャンできないコンテンツ/保護された添付ファイル
  • DKIM 検証
  • その他
  • ブロックされた送信元 IP
  • ブロックされた宛先 IP
  • スキャンできないコンテンツ/保護された添付ファイル
  • サイズ制限を超えたメッセージ
  • ヘッダーによるブロック
  • RBL によるブロック
  • データ保護によりブロックされました
  • スパム
  • 感染
  • その他

SMTP 隔離データ

フィルタリングされたメールは、削除またはリリースできます。

ウイルスに感染したメールや、ゼロデイ対策によって悪意があると判断されたメールはリリースできません。

ゼロデイ対策の分析によって隔離されたメールを削除するには、ゼロデイ対策アクティビティの読み取り/書き込み権限が必要です。

使用率の合計: 使用されている隔離領域の割合。隔離レポジトリがいっぱいになると、古いメールから消去されます。

その他のリソース

トップへ