コンテンツにスキップ

POP-IMAP スキャンの設定

POP-IMAP スキャンの設定を指定します。また、ファイアウォールルールを追加して、トラフィックを許可し、スキャンを実装します。

はじめに

POP-IMAP スキャンの設定では、以下を指定します。

  • POP IMAP 設定: メールサイズと受信者のヘッダーに基づくスキャンを指定します。
  • POP IMAP TLS 設定: メールサーバーの CA、証明書、および TLS プロトコルを指定します。
  • POP-IMAP ポリシー: 必要に応じて、ポリシーの設定を指定します。
  • ファイアウォールのルール: POP-IMAP および POPS IMAPS のスキャンを指定します。ファイアウォールルールを設定しないと、上記の POP-IMAP の設定およびポリシーは適用されません。

POP-IMAP の設定を指定する

POP-IMAP の全般設定とセキュリティ設定を行います。

  1. 証明書 > 証明機関」に移動し、メールサーバーの CA を追加します。
  2. メール > 全般設定」に移動し、「POP/S と IMAP/S の設定」までスクロールダウンして、必要に応じてデフォルト設定を変更します。

    1. スキャンするメールサイズを入力します。
    2. スキャンする受信者のヘッダーを追加または削除します。

      次に例を示します。

      POP-IMAP の全般設定を指定します

  3. POP および IMAP TLS 設定」までスクロールダウンし、以下のように指定します。

    名前 設定
    TLS 証明書 先ほどアップロードしたメールサーバーの CA を選択します。
    無効な証明書を許可 チェックボックスの選択を解除します。
    レガシーの TLS プロトコルを無効にする チェックボックスを選択して、TLS 1.1 より前のプロトコルを無効にします。

    次に例を示します。

    POP-IMAP のセキュリティ設定を行う

POP-IMAP スキャンポリシーの追加 (MTA モード)

POP-IMAP スキャンポリシーでは、送信者と受信者のメールのフィルタ条件を指定できます。メール内の条件の一致に基づいて受信者に警告できます。

  1. メール > ポリシーと例外」の順に選択します。
  2. ポリシーの追加」をクリックし、「POP-IMAP スキャン」をクリックします。
  3. 名前を入力します。
  4. 送信者と受信者のメールアドレスグループまたはドメイングループを指定します。完全一致またはキーワード一致を指定します。
  5. 指定したアクションを適用するポリシーに基づいてフィルタ条件を指定します。

    オプション 説明
    受信メール: スパム、スパムの可能性、ウイルスの発生、またはウイルスの発生の可能性の基準。
    送信元 IP アドレス/ネットワークアドレス 送信者の IP アドレスまたはネットワークアドレス。
    メッセージのサイズ スキャンするメールサイズの上限または下限。
    メッセージのヘッダ ヘッダー条件。
    その他」には、詳細を入力します。
    完全一致またはキーワード一致を指定します。
    キーワードを指定します。
    なし Sophos Firewall では、指定した送信者と受信者の間のすべてのメールに、指定したアクションが適用されます。
  6. 操作を指定します。

    オプション 説明
    許可 メールを配信します。
    件名にプレフィックスを追加 件名にプレフィックスを追加して、メールを配信します。

    : フィルタの条件を示すプレフィックスを設定すると便利です。たとえば、Test email という件名に Probable spam というプレフィックスを指定すると、受信者に Probable spam: Test email という件名のメールが届きます。
  7. 保存」をクリックします。

MTA 用に自動生成されたファイアウォールルールを更新し、「メールコンテンツのスキャン」で POP-IMAP スキャンを選択してください。または、新しいファイアウォールルールを作成します。

ファイアウォールルールの追加

ファイアウォールルールで、すべての送信元および宛先の POP-IMAP および POP3-IMAP3 トラフィックをスキャンするように設定します。

  1. ルールとポリシー > ファイアウォールルール」に移動し、MTA モード用に自動生成されたファイアウォールルールをクリックします。

    または、「ファイアウォールルールの追加」をクリックして、POP-IMAP スキャン用の新しいファイアウォールルールを作成することもできます。

    メールの MTA モード用に自動的に追加されたファイアウォールルール

  2. メールコンテンツのスキャン」で以下の項目を選択し、「ポートの追加」をクリックします。

    • IMAP のスキャン
    • IMAPS のスキャン
    • POP3 のスキャン
    • POP3S のスキャン

    ファイアウォールルールでメールコンテンツのスキャンを指定します

  3. サービス」に、指定したプロトコルが表示されていることを確認します。

    ファイアウォールルールでサービスを指定します

  4. 保存」をクリックします。

その他のリソース

トップへ