コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-11

例外の追加

例外を追加すると、特定の送信元、送信者、受信者のスパム、マルウェア、スプーフィング、およびデータ保護のセキュリティチェックをスキップできます。

例外を追加するには、以下の手順に従います。

  1. メール > ポリシーと例外」に移動し、「例外の追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. スキップするセキュリティチェックを選択します。

    オプション 説明
    スパム対策
    • RBL
    • スパム対策
    • グレイリスティング
    • 受信者検証
    • IP レピュテーション
    • RDNS/HELO
    • SPF
    • BATV
    マルウェア対策
    • マルウェア
    • ゼロデイ対策
    その他
    • データ保護
    • ファイル保護
    • 暗号化
    • バナーの追加
    • DKIM 署名
    • DKIM 検証

    送信者のメールを BATV チェックから除外するには、「送信者のアドレス」および「受信者のアドレス」に送信者のメールアドレスを入力します。

  4. 例外を適用するオブジェクトを選択します。

    オプション 説明
    送信元またはホスト 送信元の IP アドレスまたは FQDN を指定します。メールホストの例外では、FQDN にワイルドカードを使用することはできません。ローカルホストに対して例外を作成する必要はありません。デフォルトでは、Sophos Firewall はメールのローカルホストをスキャンしません。
    送信者のアドレス メールアドレス (abc@example.com) またはワイルドカード (*@example.com) を入力します。
    受信者のアドレス メールアドレス (abc@example.com) またはワイルドカード (*@example.com) を入力します。
  5. 保存」をクリックします。

その他のリソース

トップへ