コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-11

SMTP スパムスキャンポリシーの追加 (レガシーモード)

SMTP スパムスキャンポリシーを使用すると、送信者および受信者のメールのフィルタ条件、アクション、および暗号化を指定できます。

インバウンドおよびアウトバウンドのメール、送信元および宛先、メッセージおよびデータの条件にフィルタを適用できます。SPX 暗号化、隔離、配信アクションを指定できます。

SMTP スパムスキャンポリシーを追加するには、次の手順を実行します。

  1. メール > ポリシー」に移動し、「ポリシーの追加」をクリックして、「SMTP スパムスキャン」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 送信者と受信者のメールアドレスグループまたはドメイングループを指定します。完全一致またはキーワード一致を指定します。
  4. 指定したアクションを適用するポリシーに基づいてフィルタ条件を指定します。

    オプション 説明
    受信メール: スパム、スパムの可能性、ウイルスの発生、またはウイルスの発生の可能性の基準。
    送信メール: スパム、スパムの可能性、ウイルスの発生、またはウイルスの発生の可能性の基準。
    送信元 IP アドレス/ネットワークアドレス 送信者の IP アドレスまたはネットワークアドレス。
    宛先 IP アドレス/ネットワークアドレス 受信者の IP アドレスまたはネットワークアドレス。
    送信者がリモートブラックリストに登録されている場合 送信者をチェックする RBL グループを選択します。
    メッセージのサイズ スキャンするメールサイズの上限または下限。
    メッセージのヘッダ ヘッダー条件。
    その他」には、詳細を入力します。
    完全一致またはキーワード一致を指定します。
    キーワードを指定します。
    データコントロールリスト データコントロールリストを選択します。送信メールのみに適用されます。
    なし Sophos Firewall では、指定した送信者と受信者の間のすべてのメールに、指定したアクションが適用されます。
  5. アクションを指定します。

    オプション 説明
    拒否 メールを拒否し、送信者に通知します。
    許可 メールを配信します。
    SPX テンプレートを選択します。
    受信者の変更 メールの送信先の受信者を指定します。メールは、メールで指定された受信者には配信されません。
    件名にプレフィックスを追加 件名にプレフィックスを追加して、メールを配信します。SPX テンプレートを選択します。
    : フィルタの条件を示すプレフィックスを設定すると便利です。たとえば、Test email という件名に Probable spam というプレフィックスを指定すると、受信者に Probable spam: Test email という件名のメールが届きます。
    破棄 メールを破棄し、送信者に通知しません。
    隔離 メールを隔離します。

    SPX 暗号化は、送信メールのみに適用できます。

  6. 保存」をクリックします。

その他のリソース

トップへ