コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-11

ポリシーと例外

保護ドメインに関連するメールのルーティング、保護、および暗号化の設定を指定できます。たとえば、例外を作成して、特定の送信者と受信者をチェックの対象外にできます。

  • SMTP ポリシーを追加するには、「ポリシーの追加」をクリックして、「SMTP ルーティング&スキャン」をクリックします。
  • POP-IMAP ポリシーを追加するには、「ポリシーの追加」をクリックして、「POP-IMAP スキャン」をクリックします。
  • 特定の送信者と受信者のチェックをスキップするには、「例外の追加」をクリックして設定を指定します。
  • ポリシーを編集するには、「編集」 「編集」ボタン をクリックします。

Sophos Firewall のメール保護モジュールに登録すると、POP3/S および IMAP/S トラフィックにデフォルトの POP-IMAP スキャンポリシー (default-pop-av) が自動的に適用されます。ウイルスに感染した添付ファイルをメールから削除し、メール本文を通知メッセージに置き換えます。

ポリシー

ポリシーを使用すると、スパムやマルウェアのチェックだけでなく、送受信メールのファイルやデータの保護も適用できます。隔離、暗号化、および通知の設定を指定できます。

  • 新しい SMTP マルウェアポリシーを追加するには、「ポリシーの追加」をクリックして、「SMTP マルウェアスキャン」をクリックします。
  • SMTP スパムポリシーを追加するには、「ポリシーの追加」をクリックして、「SMTP スパムスキャン」をクリックします。
  • POP-IMAP ポリシーを追加するには、「ポリシーの追加」をクリックして、「POP-IMAP スキャン」をクリックします。
  • ポリシーを編集するには、「編集」 「編集」ボタン をクリックします。

レガシーモードでは、Sophos Firewall は透過メールプロキシとして動作します。

Sophos Firewall では、メール保護モジュールに登録すると、次のデフォルトポリシーが自動的に適用されます。

  • SMTP マルウェアスキャンポリシー (default-smtp-av) から SMTP トラフィック。
  • POP-IMAP スキャンポリシー (default-pop-av) を POP3/S および IMAP/S トラフィックに適用します。ウイルスに感染した添付ファイルをメールから削除し、メール本文を通知メッセージに置き換えます。

その他のリソース

トップへ