コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-18

Sophos Firewall を Amazon Web Services (AWS) に導入する方法

Sophos Firewall は、Amazon EC2 インスタンス上で仮想セキュリティアプライアンスとして動作し、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) にインラインで組み込まれ、送受信トラフィックをスキャンします。

なお、ここで提供する情報は、現時点で確認できているものであり、内容を保証するものではありません。各自の AWS 環境についてサポートが必要な場合は、ソフォス プロフェッショナル サービスまでお問い合わせください。

  1. AWS Marketplace のソフォス製品のページにアクセスし、使用したい製品を選択します。

    Sophos Firewall は、BYOL または PAYG ライセンスで提供されており、スタンドアロンで導入できます。どちらのライセンスでも無償評価版を利用することが可能です。

    AWS Marketplace のソフォス製品のページ

  2. ソフトウェアのサブスクリプションを開始するには、「Continue to Subscribe」をクリックします。

    AWS のサブスクリプションページ

  3. Continue to Configuration」をクリックします。

    AWS サブスクリプションの確認ページ

  4. 設定を選択します。「Fulfillment Option」の「CloudFormation Template」を選択します。

    フルフィルメントオプションを選択します

  5. AWS のリージョンを選択します。

    AWS のリージョンを選択します

  6. Launch」をクリックすると、「AWS CloudFormation コンソール」に移動します。

    ソフトウェアを起動します

  7. Create stack」ページで「Next」をクリックします。

    CloudFormation テンプレートを使用すると、AWS アカウントへの Sophos Firewall 導入をすばやく簡単に行うことができます。

    以下のスクリーンショットは、AWS Marketplace のリスティングページから AWS CloudFormation コンソールに移動し、選択したリージョンでスタック作成が開始されるところです。

    AWS CloudFormation コンソールで、スタックを作成します

  8. Specify stack details」ページで、「Stack name」に名前を入力します。

    既存の Virtual Private Cloud (VPC) を使用する場合は、デフォルトのパラメータを変更しないでください。新しい VPC を作成する場合は、AMI IDEC2 Instance sizePublic Subnet Availability ZoneNetwork Prefix のデフォルトのパラメータに適宜変更を加えます。

    スタック名を指定します

  9. Sophos Firewall の管理に使用する Trusted Network CIDR など、必須パラメータを入力し、料金形態 (BYOL または PAYG) を選択し、Sophos Firewall へのシェルアクセスに使用する SSH キーを入力します。

  10. 既存の VPC に導入する場合は、VPC ID、既存のパブリックサブネット ID、既存のプライベートサブネット ID を入力し、新しい EIP (Elastic IP) アドレスを作成するか、または既存の EIP アドレスを使用するかを選択します。

  11. Next」をクリックします。

    スタックパラメータを指定します

  12. Next」をクリックし、「Create Stack」をクリックします。

    スタックの作成には、通常 5~10分ほどかかります。スタックの作成が完了すると、ステータスが CREATE_COMPLETE に変わります。「Outputs」タブに、Sophos Firewall に割り当てられた EIP アドレスが表示されます。スタックの作成後、EC2 インスタンスの起動が完了するまでに多少時間がかかる場合があります。EC2 コンソールで EC2 インスタンスのステータスを確認できます。EC2 インスタンスの物理 ID などの詳細は、「Resources」タブで確認できます。

    スタックの作成が完了しました

  13. EC2 インスタンスの実行が開始したら、割り当てられたパブリック IP アドレスをコピーし、HTTPS と Web 管理ポートも含めて以下のように指定し、初期設定を開始します。https://PublicIPAddress:4444

    デフォルトでは、Sophos Firewall はローカル署名された証明書を使用し、ブラウザに警告メッセージを表示します。この警告メッセージの後に、「Sophos Firewall へようこそ」ページが表示されます。

  14. 画面の一番下の「クリックして開始」をクリックします。

    「Sophos Firewall へようこそ」ページ

    その後、基本設定の入力画面が表示されます。

  15. Sophos Firewall へのサインインに使用するデフォルトの「admin」アカウントのパスワードを設定します。

    Sophos Firewall の基本設定

  16. ファイアウォール名を指定し、タイムゾーンを選択します。

    Sophos Firewall の名前とタイムゾーンを指定します

  17. 以下のいずれかの方法で、Sophos Firewall を登録します。

    • 既存の Sophos Firewall のシリアル番号を入力します。
    • 30日間の無償評価版を開始します (Sophos Firewall のシリアル番号が自動生成されます)。
    • 既存の UTM 9 ライセンスを移行します。

    Sophos Firewall を登録します

    評価版を開始した場合は、Sophos Firewall のライセンスポータルが開き、新しいシリアル番号が生成されます。

    Sophos Firewall ライセンスポータルのようこそページ

    1. シリアル番号の生成が完了したら、「登録の確認 + 評価版ライセンス」をクリックします。

      Sophos Firewall ライセンスポータルでライセンスを確認します

    2. ライセンス同期の開始」をクリックします。

      ライセンス登録が完了しました

      基本設定が完了すると、ライセンスの詳細が表示されます。

  18. 次のいずれかの手順を実行してください。

    • 詳細設定に進む場合は、「続行」をクリックします。
    • それ以外の場合は、「スキップして完了」をクリックします。

    Sophos Firewall の基本設定が完了しました

その他のリソース

トップへ