コンテンツにスキップ

Web 管理コンソール

Web 管理コンソールを使用して、Sophos Firewall デバイスを管理できます。

Sophos Firewall OS では、グラフィカルユーザインターフェース (Web 管理コンソール) を使用して設定および管理を行います。

Chrome、Edge、Firefox、Safari など、主なブラウザを使用できます。最新バージョンのブラウザを使用することを推奨します。

Web 管理コンソールの設定

Web 管理コンソールには、 HTTPS を使用して Web ブラウザからアクセスできます。デフォルト設定は次のとおりです。

  • サービス: HTTPS
  • インタフェース: LAN
  • 管理コンソールの HTTPS ポート: 4444

Web 管理コンソールにアクセスするインターフェースを変更するには、「管理 > デバイスのアクセス」に移動します。

警告

外部向け (WAN) インターフェースで Web 管理コンソールを有効にすることは推奨しません。そうすると、攻撃者がファイアウォールのベンダーや種類を特定しやすくなり、標的型攻撃の対象となる恐れがあります。

Web 管理コンソールの設定を変更するには、「管理 > 管理の設定」に移動します。

サインインウィンドウにアクセスするには、ブラウザを開き、内部 IP アドレスまたは Sophos Firewall のホスト名をアドレスバーに入力し、ポート番号 (443 と異なる場合) を入力します。

security.sophos.com:4444

サインインウィンドウの右上隅にあるドロップダウンメニューから言語を選択できます。

ユーザー名とパスワードを入力します。Sophos Firewall にはじめてサインインする場合は、デフォルトのユーザー名とパスワードを使用してください。

Web 管理コンソールにサインインするたびにコントロールセンターが表示され、セキュリティシステムの状態と状態のスナップショットが提供されます。

権限のないユーザーが Sophos Firewall にアクセスできないようにするには、作業終了後にサインアウトします。

Sophos Firewall からサインアウトするには、いずれかの Web 管理コンソールページの右上隅にあるユーザー名をクリックし、「ログアウト」を選択します。

グローバルメニュー検索

左側のメニューの上部にある検索ボックスを使用して、メニュー、タブ、セクションの見出しを検索できます。検索結果のリストには、パスも表示されます。

製品ページ

各 Web ページの上部には、次のオプションがあります。

オプション 説明
操作ガイド Sophos Firewall ハウツーライブラリを開きます。ここでは、Sophos Firewall の設定に役立つビデオを見つけることができます。
ログビューア 新しいウィンドウでログビューアを開きます。
ヘルプ 状況依存ヘルプページを開きます。
ユーザー名 サインインに使用したユーザー名 (例: admin) が表示されます。

ドロップダウンメニューには以下のオプションが含まれます。

サポート: Sophosサポートページを開きます。このページからサポートケースを開くことができます。

製品情報: ライセンスページを開きます。

コンソール: コマンドラインインターフェース (CLI) コンソールを開きます。

デバイスの再起動

デバイスのシャットダウン

ログアウト: 管理セッションからログアウトし、サインインウィンドウに戻ります。

その他のリソース

トップへ