コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-18

管理ポートの設定方法

管理ポートを使用して、Web 管理コンソールや CLI コンソールにアクセスできます。

Sophos Firewall 1U 以上のアプライアンスモデルには、管理ポートが 1つまたは複数搭載されています。

管理ポートのデフォルトの IP アドレス: 10.0.1.1

  1. ネットワークケーブルを使用して、コンピュータを管理ポートに接続します。

    または、ネットワーク経由で接続します。詳しくは、該当するクイックスタートガイドを参照してください。

    管理ポートの例を以下に示します。

    アプライアンスの管理ポート

  2. コンピュータの IP アドレスを、管理ポートのサブネットに属するアドレスに設定します。

    IP アドレス: 10.0.1.2、サブネット: 255.255.255.0

    警告

    管理ポートのサブネットには、管理者以外のユーザーを割り当てないようにしてください。そうすることで、管理者以外のユーザーがファイアウォールにアクセスすることを防止できます。

  3. セットアップウィザードで、管理ポートの IP アドレスを必要に応じて変更します。その後、セットアップを完了します。

    次に例を示します。

    セットアップウィザードの管理ポート設定画面

  4. ブラウザに管理ポートのIPアドレス (https://10.0.1.1:4444) を入力して、Web 管理コンソールにアクセスします。セットアップウィザードで IP アドレスを割り当てた場合は、そのアドレスを入力してください。

  5. デフォルトのユーザー名 (admin) とパスワード (admin) を入力して、サインインします。
  6. 管理ポートの設定を編集するには、「ネットワーク > インターフェース」に移動します。

    管理ポートは、PortMGMT と表示されます。デフォルトで LAN ゾーンにあります。

    次に例を示します。

    インターフェースリストの管理ポート

  7. ポートをクリックし、設定を編集します。

    ネットワーク上にファイアウォール管理用の VLAN を作成した場合は、管理ポートの IP アドレスを、その VLAN に属するアドレスに変更してください。

  8. ネットワーク外から VPN 経由で管理ポートにアクセスできるようにするには、「管理 > デバイスのアクセス」に移動し、HTTPS および SSH の VPN を選択します。

    次に例を示します。

    VPN から Web 管理コンソールおよび CLI へのアクセスを許可します

トップへ