コンテンツにスキップ

Sophos Firewall の管理

Sophos Firewall の管理に使用できるインターフェースについて説明します。

管理者権限インターフェース

Sophos Firewall の管理には、以下のファイアウォールコンソールや集中管理ソリューションを使用できます。

  • Web 管理コンソール: Sophos Firewall の設定、監視、管理を行う Web ベースのアプリケーション。HTTPS を使用して、任意のブラウザからコンソールにアクセスします。

    https://<LAN IP address of Sophos Firewall>

  • コマンド-ライン インターフェース: CLI では、Sophos Firewall の特定のコンポーネントを管理・監視したり、問題を診断・トラブルシューティングすることができます。CLI には、SSH を使ってアクセスできます。以下のいずれかの方法でアクセスしてください。

    • Web 管理コンソールに移動し、右上の「管理 > コンソール」を選択します。
    • PuTTY などの SSH クライアントを使用します。Sophos Firewall は、アイドル状態の SSH セッションを 15分後に終了します。
  • Sophos Central: Sophos Firewall デバイス、エンドポイント、サーバーを集中管理できる Web ベースのソリューションです。

管理者権限

管理者は、HTTPS または SSH サービスを使用して Sophos Firewall にアクセスできます。管理者サインイン用のプロファイルに、Sophos Firewall への管理アクセスインターフェースを定義できます。

Sophos Firewall には、1つの管理者アカウントと、4つの管理者プロファイルが付属しています。

管理者の種類 認証情報 コンソールアクセス 権限
スーパー管理者 admin/admin Web 管理コンソール

CLI コンソール
いずれかのコンソールを使用して実行されるすべての構成に対する完全な権限。

導入直後に「admin」ユーザーのパスワードを変更します。

管理ポート

Sophos Firewall 1U 以上のアプライアンスモデルには、管理ポートが 1つまたは複数搭載されています。このポートを使用して、Web 管理コンソールや CLI コンソールにアクセスすることができます。管理ポートの設定方法については、管理ポートの設定方法を参照してください。

トップへ